September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 奈良のマスコットやっぱり「仏様への侮辱」「気持ち悪い」 | Main | 中国人民代表大会で「中日関係は改善されている」とは! »

March 06, 2008

文科省が「発展的に性教育」削除 遅すぎる対応だが

 産経新聞のページに「『発展的に性教育』削除 文科省異常授業に待った 来年度に指導書刷新」という記事がある。文部省の動くのが遅すぎる。

 「学習指導要領では小学4年で「初経、精通」といった第2次性徴を教えるとしているが、性行為の具体的方法などは定めていない」というが、教科書には「勃起したペニス」の断面図が載っている。ポルノじゃないのだから、男性器の構造を示すのにわざわざ勃起させる必要は無いだろう。

 また、この授業によりはっきりと教えなくても性行為とはどういうものかが子供の間で話題になり、結果的に多くの子供が知ることになる。そもそも学校で教えることではない。大津市では「中3で避妊具を試験管にかぶせる装着授業」を行ったという。学校が生徒に性交を勧めてどうするのか。まずは責任が取れる年齢に達してから、というのが教育だろう。日教組や左翼は社会秩序を混乱させ、国家転覆・革命をしやすくしているのだ。これはトンデモない説でも陰謀論でもない。

 参考:西尾幹二、八木秀次「新・国民の油断 『ジェンダーフリー』『過激な性教育』が日本を亡ぼす」(PHP研究所)

 記事を引用する。

 ↓ここから
 幼稚園で男女の性器の絵を使うなど過激な性教育が問題化したことを受け、文部科学省が教員向けの性教育指針を大幅に刷新し、「発展的に取り扱えるようにする」との文言を削除することが分かった。文科省では「極端な性教育を容認する根拠として誤解されるおそれがあった」とし、学習指導要領改定以降、新年度に指導書を事例集に改訂し、歯止めをかける考えだ。

 対象となるのは文科省が編集した『学校における性教育の考え方、進め方』。平成11年に小中高各校や都道府県教委などに約10万部が配布され、民間の出版社から市販された。

 同書では、性教育の全体計画の作成方法として「各教科、道徳、特別活動における指導内容のうち、性教育と関連する事柄は、性教育として発展的に取り扱えるようにする」と明記している。

 文科省では「他教科でも性教育を扱えるとの意味だ」と釈明するが、「この文言が指導要領を大幅に逸脱した過激な性教育を行う温床にもなっている」との指摘が国会議員などから出ていた。さらに、幼稚園でも性教育を行うよう明記しており、性教育の低年齢化の一因ともされた。

 学習指導要領では小学4年で「初経、精通」といった第2次性徴を教えるとしているが、性行為の具体的方法などは定めていない。

 だが、自民党のプロジェクトチームが平成17年7月に公表した調査結果によると、「幼稚園で男女の性器の絵を見せて、園児に部位の名称を言わせる」(札幌市)▽「中3で避妊具を試験管にかぶせる装着授業」(大津市)▽「小1で犬の性交を描いたイラストで性交を授業」-などの異常な事例が発覚している。

 これらを踏まえ文科省では、この指針を効果的な性教育の事例紹介に改める。このほか、新学習指導要領の総則で「発達段階を考慮」と明記。解説書に「家庭の理解を得る」などと盛り込んで、過激な性教育に歯止めをかけたい考え。

 『性教育の暴走』の著書があるジャーナリストの桜井裕子氏は「この指針は性教育暴走のお墨付きになっていただけでなく、男らしさや女らしさを否定する考え方がちりばめられている点も問題だった。改訂版では家庭や命の大切さを中心に据えるべきだ」としている。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 奈良のマスコットやっぱり「仏様への侮辱」「気持ち悪い」 | Main | 中国人民代表大会で「中日関係は改善されている」とは! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40390193

Listed below are links to weblogs that reference 文科省が「発展的に性教育」削除 遅すぎる対応だが:

» 本の中心 03052008 [つき指の読書日記]
 “シャワー報道”という言葉がある。ひとつ大きな事件があると、新聞、テレビの報道番組、ワイドショー、はては雑誌、週刊誌まで、その問題ばかりに取り憑かれたように、朝から晩まで集中的に大騒ぎすることをいう。しかも判で押したように、批判、解説、論調がほとんど同じ、良識、正義はすべてこちらにあるいわんばかりに、時には絶句、強弁すらする。  それが過ぎ去り、次の大事件が発生すると、そのことはすっかり脇におかれ、せいぜい2、3週間でウソのように終わってしまい、同じことを繰り返しては、半年も経てば、そ...... [Read More]

« 奈良のマスコットやっぱり「仏様への侮辱」「気持ち悪い」 | Main | 中国人民代表大会で「中日関係は改善されている」とは! »