September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 毒餃子「中国公安省の記者会見」についての各紙社説 | Main | 米兵暴行被害者「そっとしておいて」というのであれば、最大の加害者は左翼マスコミだ »

March 01, 2008

毒餃子で産経「首相発言に疑問呈したい」 もはや売国首相では

 産経新聞の3月1日の社説は「中国ギョーザ事件 首相発言に疑問呈したい」だ。死にかけた日本人などさておいて、中国様の機嫌を取ることしか考えていない。こんなバカ首相は要らない。しかも安倍元首相の功績を次々と無にしてきている。日本を中国の属国にしたいかのようだ。日本の主権とか国柄、国体ということが全く頭に無いとしか思えない。任期を恙無く終えればよいというものではない。これ以上日本国民に迷惑を掛けないよう、さっさと辞めてもらいたい。とはいえ民主党が政権を取ったら更にひどくなるのは自明だが。

 社説を全文引用する。

 ↓ここから
 中国製ギョーザの中毒事件をめぐり、福田康夫首相が中国側の捜査への取り組みについて「非常に前向きだ」と述べた。国民の生命、財産を守ることを最大の責務とする日本の首相として耳を疑う発言だ。撤回を求めたい

 首相発言は、中国公安省が中国国内での毒物混入を否定し、日本側に非があるというような見解を示したあとのタイミングで出た。

 日中が協力して原因を突き止め、再発防止に努めるのは当然だ。だが、中国側は真相解明に後ろ向きである。

 直ちに反論すべきなのに、先方の言い分を評価するようでは、「消費者が主役の行政」は絵空事にみえる。トップとして中国にどういうメッセージを発すべきかを再考すべきだろう。

 今回の事件で、中毒ギョーザを製造した「天洋食品」工場の製品に対し、どうして輸入停止措置をとらないのか、という疑問の声は与野党を問わずにある。真相解明に不誠実な中国側の態度が変わらないなら、政府としても明確な措置をとる必要があろう

 すでに、舛添要一厚生労働相が食品衛生法に基づく輸入禁止措置の可能性に国会答弁で言及している。食品衛生上の危害の発生を防ぐため、「特に必要があると認めるとき」に発動可能な方法だ。ただ、現実には当該製品の輸入が止まっており、直ちに発動の必要はないとも考えているようだ。

 BSE(牛海綿状脳症)感染牛の問題では、食品安全委員会の下で米国産牛肉の輸入停止措置が約2年間とられた。再開後、一部に危険部位が混入していたため、改めて輸入を止める対応もとられた。

 国民の食の安全を守るため、内閣としてしかるべき措置を講じるのは当然のことだ。輸入停止により、安易な妥協はしないという姿勢を中国にアピールする効果もあろう

 福田首相は就任前、靖国神社参拝問題で「相手が嫌がることをあえてやる必要はない」と、中国、韓国の立場を優先させる考えを口にしていた。ギョーザ事件でも、中国にとって耳の痛いことは言わないつもりだろうか

 この問題をないがしろにしたまま、4月に胡錦濤国家主席を迎えても、日本国民が心から歓迎できる状況にはなるまい。早期打開に動くべきだ。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 毒餃子「中国公安省の記者会見」についての各紙社説 | Main | 米兵暴行被害者「そっとしておいて」というのであれば、最大の加害者は左翼マスコミだ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40323179

Listed below are links to weblogs that reference 毒餃子で産経「首相発言に疑問呈したい」 もはや売国首相では:

» 「日本の首相 任期」についての最新ブログのリンク集 [話題のキーワードでブログサーチ!]
日本の首相 任期 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると… [Read More]

« 毒餃子「中国公安省の記者会見」についての各紙社説 | Main | 米兵暴行被害者「そっとしておいて」というのであれば、最大の加害者は左翼マスコミだ »