September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« Achtung Baby The Videos / Zoo TV / Popmart | Main | 「沖縄ノート」名誉棄損訴訟で請求棄却 裁判所の常識はどうなっているのか! »

March 26, 2008

朝日新聞が抗議文を受け取らず、力ずくで追い出す 

 瀬戸弘幸氏のBlog「日本よ何処へ」に、3月25日の朝日新聞社への抗議行動の様子が報告されている。

 何と、代表が1人で抗議文を渡そうと朝日新聞社に入ろうとしたら、ガードマンが阻止して連れ出され、路上に倒されてしまったという。朝日新聞社の広報部にアポイントをとっていたにもかかわらずだ。いや事前に言っていたから「追い出す」準備が出来ていたのだろう。

 政府でも地方自治体でもそうだが、国民や市民の抗議文の受取を、暴力を用いて拒否したというのは聞いたことがない。ましてや朝日新聞は「言論」を売り物にする新聞社である。いつも「話し合いで」といいながら、自らの主張に反する意見については暴力をもって封じ込める。朝日新聞の正体はこれで明らかだ。

 以前、共産党がマンションに不法侵入してビラを撒いた事件があり、犯人は東京高裁で有罪判決を受けた。ところが朝日新聞は社説で「常識を欠いた逆転判決」と批判している。

 このとき、わしは次のように書いた。

 「朝日新聞の言う通り、住民の意思よりも『表現の自由』を重視するのなら、朝日はそれを貫き通してみろ。わしは朝日新聞に反対するビラを持って、朝日新聞のビルに入って撒いてやるぞ。どうする、朝日。どうせいつもの、ダブルスタンダードだろうが」。

 やっぱりダブルスタンダードだった。抗議ビラではなく、広報部を通した上での抗議文の手渡しという、ごく普通の行為だったのだが。

 中国がチベット弾圧の情報を封じ込めようとしていて各国のマスコミから批判されているが、朝日新聞はこれと同じことをしているのだ。世界主要国の新聞は、中国のチベット弾圧を批判している。擁護しているのは、ロシアと北朝鮮。無視を決め込んでいるようなのが韓国だ。朝日新聞もこの3国と同じ体質なのだ。

 朝日新聞社は言論よりも暴力で反論を押しつぶす。こんな新聞を絶対に買ってはいけない。

人気blogランキングへ→banner_01

« Achtung Baby The Videos / Zoo TV / Popmart | Main | 「沖縄ノート」名誉棄損訴訟で請求棄却 裁判所の常識はどうなっているのか! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40643900

Listed below are links to weblogs that reference 朝日新聞が抗議文を受け取らず、力ずくで追い出す :

« Achtung Baby The Videos / Zoo TV / Popmart | Main | 「沖縄ノート」名誉棄損訴訟で請求棄却 裁判所の常識はどうなっているのか! »