September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国が日本に追いつく日 | Main |  岐阜市が「障害者」を「障がい者」と書き換えるのは税金の無駄遣いだ »

February 21, 2008

サッカー日中戦 オリンピックは大丈夫か?

 産経新聞のページに「日の丸焼く中国サポーターも 日本人は隔離 サッカー日中戦」という記事がある。予想はしていたとはいえ、やはり中国はスポーツを開催できる国ではないことがはっきりした。オリンピックなどもってのほかだ。今からでも遅くは無い。北京オリンピックをボイコットすべきだ。

 今回のサッカーの試合では国家斉唱中のブーイングは減ったようだが、「ペットボトルを投げ込む」、「発煙筒に火をつけ」る、そして「試合終了後に中国のファンが日の丸の旗を焼く」といった状態だったという。観客のレベルが低すぎる。中国が日本人サポータを隔離し、何とか「中国側のメンツで“暴発”を阻止した」形になったが、これからも大丈夫かどうか(大丈夫なわけがない)。

 試合の内容もひどかったようで、同紙の「飛び蹴り、首絞め、イエロー6枚…岡田監督が怒りの猛抗議」という記事によると、「中国側に足を投げ出すタックルなどのプレーが続出。相手の警告は4枚に及んだ。後半11分にはMF安田が相手GKに右脇腹と腰を蹴られて病院送り。左足首をひねって交代したDF駒野を含め軽傷の見込みだが、離脱者が続出する中、怒りは当然だった。北朝鮮人主審の判定も疑問符が付いた」とある。

 選手がこんな状態で、審判も反日国の南北朝鮮から出ている。もうむちゃくちゃ。

 最初の記事を引用する。

 ↓ここから
 サッカーの東アジア選手権は20日、厳戒態勢の中、日本-中国戦が行われた。17日の開幕戦の約2倍となる3000人の警備員が動員されたが、試合終了後に中国のファンが日の丸の旗を焼くなど、反日感情の根強さをうかがわせた。

 4年前のアジア杯の反省から、日本のサポーターはゴール裏の一角に“隔離”。試合前から「罵詈(ばり)雑言を吐かないように」とのアナウンスが流れ、国歌演奏中のブーイングも一瞬で収束した。

 しかし、0-1で試合終盤を迎えると、徐々にヒートアップ。中国ファンの一部がペットボトルを投げ込み、たどたどしい日本語で日本のサポーターに向けて「バカヤロー」と叫び始めた。さらには発煙筒に火をつけ、警備員が駆けつけて羽交い締めにする一幕も。試合終了後にも、日の丸の小旗にライターで火をつけるファンがいた。この状況に、不測の事態に備えて派遣されていた駐重慶日本総領事館の館員は、日本のサポーターを最寄りのモノレール駅まで送り届けたほどだ。

 重慶市は第二次世界大戦で旧日本軍が爆撃した都市でもあり、反日感情が強いとされてきた。重慶市内の高校では歴史の授業の中で重慶爆撃について必ず学んでいるという。実体験のない若年層も、祖父母らから話を聞かされてきた。

 駐重慶日本総領事館の館員は「普段はとげとげしい態度をとられることはない。一部のファンが騒ぎ、群集心理が働いてしまうのでは」と指摘する。今回は中国側のメンツで“暴発”を阻止したが、北京五輪に向けて観戦マナーには改善の余地がある。
 ↑ここまで

 さて、産経新聞のぺーじでは、余りにも酷い試合の内容や観客のマナーについて何本もの記事で報道しているが、朝日新聞のページを見ると、2本しかない。うち1本は「日本、1―0で中国に勝利 サッカー東アジア選手権」と試合結果を伝えるだけだ。

 引用する。

 ↓ここから
 サッカーの第3回東アジア選手権第3日は20日、当地で男子の2試合があり、日本は地元中国に1―0で勝った。1勝1分けとなり、勝ち点4とした。続く韓国―北朝鮮は引き分け、韓国が勝ち点4、北朝鮮が勝ち点2となり、2連敗で連覇のなくなった中国を除く3チームに優勝の可能性が残った。

 日本は引き分けた17日の北朝鮮戦から先発を6人入れ替えて臨み、前半17分に駒野(磐田)の左クロスをGKがこぼした球を山瀬功(横浜マ)が詰めて先制。その後も好機を作りながら追加点は逃したが、1点を手堅く守りきった。

 日本は23日に韓国との最終戦に勝てば、初優勝となる。昨年末の岡田監督就任以降、日本の成績は3勝2分けとなった。
 ↑ここまで

 何ら問題ない試合であったとしか思えない記事だ。朝日新聞にとって都合の悪い事実は記事に書かない。それが朝日新聞の常套手段だ。だから朝日新聞の読者は事実を把握することさえできないのだ。

 実際、この試合についてのもう1つの記事は、「川淵会長『我慢ならない』 中国戦判定で抗議文提出指示」である。突然こんな記事になる。一体何が我慢ならないのか朝日新聞の読者は絶対に理解できない。この記事を読んでさえ、「北朝鮮主審による中国寄りの判定」や「中国選手のラフプレー」がどんなものであったかはかかれていないのだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 日本サッカー協会の川淵三郎会長は21日、20日の東アジア選手権男子の日本―中国戦における北朝鮮主審による中国寄りの判定や中国選手のラフプレーについて「我慢ならない」と強い不満を表明、判定については現地の大仁邦彌選手団長(日本協会副会長)に抗議文の提出を指示した。

 田嶋幸三専務理事によると、抗議文を大会組織委員会に提出するかどうかの最終的な判断は現場に委ねるという。
 ↑ここまで

 こんな朝日新聞を購読していたら馬鹿になるだけだ。不買運動に是非参加しようではないか。わしは絶対に買わない(と言いながら今年の元日に買ってしまったが)。

« 韓国が日本に追いつく日 | Main |  岐阜市が「障害者」を「障がい者」と書き換えるのは税金の無駄遣いだ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40208885

Listed below are links to weblogs that reference サッカー日中戦 オリンピックは大丈夫か?:

« 韓国が日本に追いつく日 | Main |  岐阜市が「障害者」を「障がい者」と書き換えるのは税金の無駄遣いだ »