September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国加工品の汚染野菜は意図的! | Main | 沖縄の軍強制「集団自決」を否定する新証言 »

February 22, 2008

毒餃子で、中国が「憶測で事実に基づいていない」と日本を批判 開き直ったか!

 産経新聞に「日本の捜査見解 憶測と中国批判 中国製ギョーザ中毒事件」という記事がある。毒餃子に対して、「メタミドホスが日本国内で混入された可能性は低い」という日本の警察庁の公式見解に対して、中国が「正確で責任ある態度ではない」、「憶測であり、完全な証拠に基づていない」と批判したのだ。

 やっぱりな。であれば中国での製造や輸送工程で毒が混入しないという証拠を示すべきだ。それでなくても中国では毒野菜が市場にあふれ、殺人に殺虫剤が使われる事件が何度も起きているのだ。

 「正確で責任ある態度ではない」、「憶測であり、完全な証拠に基づていない」というのは中国のことだ。歴史問題についても同じ事で、何ら証拠も示さず中国は悪くないと言い続けて有耶無耶にする。そして、反対に日本が悪いと言い出すのだ。

 読売新聞のページには「ニラ肉まんの殺虫剤、中国検査当局『日系企業に落ち度』」という記事がある。これなんか正に責任を転嫁している。本気で言っているのだから、中国の常識レベル(民度)が疑われても仕方が無い。

 つまり、中国は「残留農薬を含む野菜を売った中国は悪くない。仕入れるときの検査を怠った製造業者(日系企業)が悪い」、といっているのだ。こんな理屈が通用すると思っているのか。泥棒に入られたのは戸締りが悪いからだ、と言っているのと似ている。「人をみたら泥棒と思え」が常識の中国内でしか通用しない理屈だ。ヤクザ顔負けである。

 こんな態度の国とまともに友好関係を築けると思っていたら大間違いだ。たとえ経済関係だけに絞ってもこんな調子だからだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
中国の国家品質監督検査検疫総局は22日、山東省の日系企業が製造したニラ肉まんと冷凍とんかつから有機リン系殺虫剤が検出された問題で、「原料野菜を仕入れる過程の検査が厳格でなかった」と発表、日系企業の生産管理に落ち度があったとの見解を示した。

 メタミドホスが検出されたニラ肉まんは「山東仁木食品」が、ホレートが検出された冷凍とんかつは「清清仁木食品」がそれぞれ製造した。2社とも「ニッキーフーズ」(大阪市)のグループ企業。

 同総局は「2社は日本側が単独出資した企業。日本側の基準に従って管理・生産が行われ、日本側の職員が駐在し、監督と管理を行っている」として、「日本側」の責任を強調した。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 中国加工品の汚染野菜は意図的! | Main | 沖縄の軍強制「集団自決」を否定する新証言 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40224591

Listed below are links to weblogs that reference 毒餃子で、中国が「憶測で事実に基づいていない」と日本を批判 開き直ったか!:

« 中国加工品の汚染野菜は意図的! | Main | 沖縄の軍強制「集団自決」を否定する新証言 »