September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 朝日「ギョーザ事件―解決は日中の試金石だ」って、解決は輸入停止しかない | Main | 毒餃子「中国、日本国内での流通に関心」と日本のせいにしようとしている! »

February 06, 2008

中国「開き直り」調査団 非常識極まりない

 産気新聞のページに「中国『開き直り』調査団 検疫に注文…過度な要求も」という記事がある。以前、中国産のホウレンソウや落花生から基準値以上の残留農薬が検出されたとき、中国の調査団が来日して「日本の検査に間違いはないのか」と日本に文句をつけ、更に、「研修生を受け入れてほしい」「検査機器の部品をくれないか」などと要求したという。

 もはや日本人、いや人間の常識を超えている。責任を転嫁し恩を仇で返して恬として恥じないのは支那人や朝鮮人だけに見られるのではないか。今回の毒餃子でも中国が誠意ある対応をするとは到底思えない。適当に誤魔化して有耶無耶にするか、逆ギレして日本のせいにするかだろう。人民日報と提携している日本の某全国紙と似てますな。

 そういえば昨日の朝日新聞の毒餃子についての社説では「中国人技術者を日本に招いて食品安全の研修をする構想があるのも、共通の利益があるからだろう」と書いていた。中国の言い分と同じではないか。共通の利益などとんでもない。日本jはそこまでして中国から食品を輸入する必要など無い。

 今回の調査団もどうせ同じだろう。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 過去に中国産品から残留農薬などが検出された際、中国の調査団が来日して「日本の検査に間違いはないのか」など、検疫に注文を付ける“開き直り”の態度を示していたことが4日、関係者の話で分かった。検疫をいぶかしがるわりに、調査団は「研修生を受け入れてほしい」「検査機器の部品をくれないか」といった要求もするという。

 ギョーザ中毒事件では李春風・輸出入食品安全局副局長ら5人が3日から日本側と事務レベルの協議を続けている。協議内容の詳細は判明していないが、厚生労働省や農林水産省など、協議にあたっている関係省庁が警戒している。

 中国からの食品の輸出をめぐっては過去、平成14年にホウレンソウ、昨年8月には落花生で、基準値以上の残留農薬が検出されたことがある。

 関係者によると、中国側はその度に、輸出入安全局や地方の検疫担当者など7-8人で調査団を組織。「検査をしている所を見せてほしい」といった要求を出した。

 これまでのケースでは調査団は半日かけて残留農薬の検査機器がある神戸・横浜両検疫所「輸入食品検疫・検査センター」を見て回り、「日本は国際基準の検査をしていないのでは」といった質問をしてきたという。

 一方で、日本の検疫担当者が中国の状況を聞くと「われわれは日本と同じ機器を持っている」「われわれの検査は違反の出るような数字は出ない」と主張。自分たちに非がないかのような応対をするほか、センター内で多数の写真を撮ったり、機器の型番をメモするなど視察を兼ねた行動をするため、日本側の担当者がわだかまりを持つ原因となっている。

 調査団からは「研修生を受け入れてくれないか」といった要請が出たこともあったという。

 これまでの経緯を知る厚労省幹部は「日本と中国の検査レベルは、大きな差がある。今回の調査団がこれまでの調査団と同じ性格なのか見極める必要がある」と警戒している。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 朝日「ギョーザ事件―解決は日中の試金石だ」って、解決は輸入停止しかない | Main | 毒餃子「中国、日本国内での流通に関心」と日本のせいにしようとしている! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40011089

Listed below are links to weblogs that reference 中国「開き直り」調査団 非常識極まりない:

« 朝日「ギョーザ事件―解決は日中の試金石だ」って、解決は輸入停止しかない | Main | 毒餃子「中国、日本国内での流通に関心」と日本のせいにしようとしている! »