September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 毒餃子 警察庁長官が中国の発表に反論 | Main | 毒餃子で中国を「非常に前向き」と評価する首相 中国の肩を持つ首相など要らん »

February 29, 2008

「指導力不足」で分限免職は当然 まず生徒のことを考えるべきだ

 朝日新聞のページに「『指導力不足』で分限免職の元小学校教諭勝訴 京都地裁」という記事がある。指導力不足で迷惑を受けるのは生徒だ。生徒のことを考えれば免職でかまわないのではないか。民間企業なら間違いなく試用期間が終わったらクビだ。教員に採用され、本来緊張して職務を遂行すべき最初の1年で記事にあるような体たらくだ。なぜ免職が違法になったのだろうか。考えられることは、他にもその程度の教師が幾らでもいるということだが。

 原告は一審では勝訴したが、事実と認定された事項を見ただけでも恥をさらしているとは思わないのだろうか。その辺りがすでにおかしい。京都市は控訴するというが、もっともだと思う。

 判決で、「前日の飲酒により欠勤し、欠勤の連絡も不足」「授業参観の際、打ち合わせに反した授業をした」などは証拠がないというが、そもそもタイムレコーダが無く、出退勤記録がいい加減なのが学校の職場だ。またどんな授業をしたかいちいち記録などしない。したがって証拠がなくて当たり前だ。控訴審では他の教師や授業を参観した父兄の証言を得ておくべきだろう。

 「保護者に向けた書類を紛失した」「音楽で歌詞当てクイズなど不適切な授業をした」などは「事実だとしても、教員の評価に影響しない」という。普通影響すると思うが。この裁判官には常識が無いのか。

 また、「テストの採点をしない」「元教諭のクラスが学級崩壊の状況になった」というのは致命的だろう。それぞれ仕事をしない、仕事が出来ないというのと同じだ。教師という職業は誰にでも知られているから、職場での指導などなくても、それなりにこなせると思う。そもそも教師とはそういう個人主義的というか自己中心的な職業なのだ。それが出来なければクビでも仕方があるまい。原告は「教壇に戻り、子どもたちと触れ合うのが楽しみ」なようだが、そうではない生徒とその父兄もいるであろうことを肝に銘じておくべきである。

 それでなくても、公教育における教師の信用など失墜しているのだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 採用から1年間の教員試用期間中に「指導力不足」などを理由に、京都市教委から分限免職処分を受けた京都市の元小学校教諭の男性(34)が、市に処分取り消しを求めた訴訟の判決が28日、京都地裁であった。中村隆次裁判長は「教員の適格性が欠如しているとは言えず、違法だ」とし、処分取り消しを命じた。試用期間の教諭への分限免職処分取り消しは異例という。

 元教諭は04年4月に採用され、京都市立小学校で5年生の学級担任などをしたが、市教委は翌年2月に分限免職処分にした。市側は担任の自覚、責任感の欠如▽学習面、生徒指導面での指導力不足指導や助言を理解し改善する能力や意欲の欠如などを挙げ、処分の正当性を主張していた。

 判決は市が処分理由に挙げた35項目を検討。「前日の飲酒により欠勤し、欠勤の連絡も不足」「授業参観の際、打ち合わせに反した授業をした」など10項目は「証拠がなく、事実とは認められない」とした。

 また、「保護者に向けた書類を紛失した」「音楽で歌詞当てクイズなど不適切な授業をした」など12項目は「事実だとしても、教員の評価に影響しない」とした。

 「テストの採点をしない」「元教諭のクラスが学級崩壊の状況になった」など残る13項目は「教員として不適切な面があった」と認定。そのうえで、試用期間中だったことに触れ、「学校の支援態勢が十分ではなく、管理職らの評価に合理性があるか疑わしい」と学校側の責任を指摘した。

 元教諭は記者会見し「教壇に戻り、子どもたちと触れ合うのが楽しみだ」と話した。市教委の清水稔之・教職員人事課長は「児童のために必要な処分で残念な判決だ。控訴を考えたい」とコメントした。

 <分限免職> 公務員としての勤務実績の悪さや心身の故障による支障、職務への適格性などを理由に、本人の意に反して降任や休職などを命じる分限処分の一つ。職務上の義務違反などを理由に制裁する懲戒免職とは異なる。

 文部科学省によると、指導力不足と認定されて分限免職になった教員は06年度までの5年間で29人。試用期間中の教員は別に統計を取っており、分限免職になった教員は06年度までの10年間で6人に上る。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 毒餃子 警察庁長官が中国の発表に反論 | Main | 毒餃子で中国を「非常に前向き」と評価する首相 中国の肩を持つ首相など要らん »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40306886

Listed below are links to weblogs that reference 「指導力不足」で分限免職は当然 まず生徒のことを考えるべきだ:

« 毒餃子 警察庁長官が中国の発表に反論 | Main | 毒餃子で中国を「非常に前向き」と評価する首相 中国の肩を持つ首相など要らん »