September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 沖縄の軍強制「集団自決」を否定する新証言 | Main | 寝屋川・コンビニ店員刺殺 ナイフを準備していながら「殺意なかった」とは何事か! »

February 25, 2008

草津市長選橋川さん初V また「対話の会」!

 読売新聞のページに「草津市長選橋川さん初V 303票差 刷新訴え現職破る」という記事がある。滋賀県草津市の市長選で、新人で前市政策推進部長の橋川渉氏が、現職の伊庭嘉兵衛氏を破り初当選したのであるが、橋川渉氏は、民主、社民のほか、「対話でつなごう滋賀の会」などの推薦を受けている。そんなのを当選させてしまうとは、なさけないことだ。草津市は人口が急増しており、市外・県外からの転入が多い。どれだけ市のことを考えて投票しているのか疑問だ。どうせ一時の風向きだろう。

 「もったいない」といいながらいわゆる「大きな政府」を求めているように思える。自分達(市民)に分け前を寄越せということだろう。前市長の功績に目を向けるべきではなかったか。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 草津市長選は24日投開票され、新人で前市政策推進部長の橋川渉(はしかわわたる)さん(59)が、現職の伊庭嘉兵衛(いばかへえ)さん(65)を破り、初当選した。橋川さんは民主、社民のほか、「対話でつなごう滋賀の会」などの推薦を受け、競り勝った。当日有権者は9万1337人。投票率は38・50%(前回37・66%)だった。

 当選確実の知らせが草津市野路の事務所に入ると、集まった支持者は喜びを爆発させた。支持者と万歳を繰り返した橋川さんは「過去のうみを出し切り、市民が誇れる新しい草津のまちをつくる」などと話し、笑顔で支持者と握手を交わした。

 「市役所内に閉塞(へいそく)感が漂っている」と昨年10月に退職、初の選挙戦に挑んだ。ボランティアや自分と同じ途中退職した市役所OBらが駆け回り、支持を広げた。

 「4年間で60億円の赤字を削減した」と実績をアピールする伊庭さんに対し、「基金を崩し、将来に払う債務負担行為も増えた」と反論。「単に市役所出身者同士の争いではなく、草津の過去のしがらみを断つ選挙だ」と訴えてきた。

 橋川さんは京都大文学部卒。市国際交流協会理事や企画部長を歴任し、市民活動団体副会長を務める。

   ◇

 一方、落選した伊庭さんは、支持者が集まった草津市西大路町のホテルで「多くの方に支援してもらったが、私の力不足。申し訳ない」と、頭を下げた。

 汚職で逮捕された前市長の助役だった。選挙戦で、前回市長選(2004年3月)の争点だった信頼回復が不十分と指摘されると、「交際費を公開し、外部評価制度などを採り入れるなど、私利私欲なく対応してきた」と反論。「ふるさとを、社会正義が重んじられる『品格のまち』にしたい」と訴えてきたが、支持を広めきれなかった。

■開票結果 候2■

当17,584 橋川  渉 59 無新〈1〉

 17,281 伊庭嘉兵衛 65 無現〈1〉

               (選管確定)
 ↑ここまで

« 沖縄の軍強制「集団自決」を否定する新証言 | Main | 寝屋川・コンビニ店員刺殺 ナイフを準備していながら「殺意なかった」とは何事か! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40257036

Listed below are links to weblogs that reference 草津市長選橋川さん初V また「対話の会」!:

« 沖縄の軍強制「集団自決」を否定する新証言 | Main | 寝屋川・コンビニ店員刺殺 ナイフを準備していながら「殺意なかった」とは何事か! »