September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国のポリ容器が1万5千個も漂着! | Main | 性器の写真はわいせつだろうが 最高裁しっかりしろよ »

February 19, 2008

東芝がHDDVDから全面撤退発表 予想通りだ

 産経新聞のページに「東芝、新世代DVDから全面撤退発表」という記事がある。ソニー対東芝であれば、ソニーが勝つのは目に見えていた。わしの知る限り、東芝は新商品の開発力はあるが、維持・改善していく力が弱いと思うからだ。コンピュータの世界でいうと、大型汎用機からは一番に撤退しているし、オフィス・コンピュータではかつて御三家といわれたが、IBMや富士通が参入したらあっという間に凋落した。ラップトップPCでは一世を風靡したが、今や見る影も無い。日本発の日本語ワープロを発明したのは東芝なのだが、その後の売行きは周知の通り。

 BD対HDDVDというのは、かつてのビデオにおけるVHS対βを思い出させる。当時東芝はβ陣営だったが、風向きが悪くなったらいち早くVHSに乗り換えている。最後までβのユーザの面倒をみたのはソニーだった。今回、東芝はちゃんとユーザに対して誠意ある対応が出来るのだろうか。まさかユーザを「クレーマ」扱いしないだろうな(8年間は面倒見てくれるらしい)。

 記者会見で東芝の社長は次のように言っている。

 「複数の規格が併存する消費者への影響を考えて判断した」

 今頃言うな。それなら初めからソニーと共同規格をつくればよかったではないか(一旦はまとまりかけたはずだが)。全く言い訳にも何にもなっていない。社長なのにそんなことがわからないのか。情けないねえ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 東芝は19日、新世代DVDの独自規格「HD DVD」事業から全面的に撤退すると発表した。3月末をめどに録画再生機や再生機の製造販売を中止し、新製品の開発もやめる。購入者へのアフターサービスは継続する。これにより、ソニーなどが推進する「ブルーレイ・ディスク(BD)」規格との主導権争いは終結し、今後はBDに一本化される。

 記者会見した東芝の西田厚聡社長は、「苦渋の決断だが、市場環境が急変し、複数の規格が併存する消費者への影響を考えて判断した」と撤退の理由を述べた。撤退にともなう損失は「今後、精査する」とした。

 HD製品は、国内でBDに販売シェア(市場占有率)で大きく水を空けられていた。1月初めには、ソフトを提供する米映画大手ワーナー・ブラザースがBD側につくなどして、劣勢が鮮明になっていた。

 HD再生機の全世界の累計販売台数は100万台で、録画再生機が2万台前後。パソコンに搭載する駆動装置は約200万台という。

 東芝は、すでにHD製品を購入した消費者へのアフターサービスについて、問い合わせの電話対応センターを強化するほか、製造打ち切り後も補修部品を8年間は保管するなど「万全を期する方針」(西田社長)を明らかにした。

 一方、同社は半導体事業で主力のフラッシュメモリー新工場を、岩手県北上市と三重県四日市市の2カ所に建設することも発表。投資額は合計で計1兆7000億円を見込む。HD事業から撤退する半面、成長領域への投資増で事業の「選択と集中」を進める。
 ↑ここまで

« 韓国のポリ容器が1万5千個も漂着! | Main | 性器の写真はわいせつだろうが 最高裁しっかりしろよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40185605

Listed below are links to weblogs that reference 東芝がHDDVDから全面撤退発表 予想通りだ:

« 韓国のポリ容器が1万5千個も漂着! | Main | 性器の写真はわいせつだろうが 最高裁しっかりしろよ »