September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 厚労省が「タミドホスの残留基準見直し」 日本人に毒を食わせる気か! | Main | 人権擁護法案の再提出を阻止せよ! »

February 14, 2008

毒餃子で中国が「生産から輸出問題なし」 次は日本のせいにするのだろう

 時事通信社のページに、「中国、故意の可能性否定=生産から輸出問題なし-公安当局捜査継続・ギョーザ事件」という記事がある。

 「製造から輸出までの過程で問題はなく、メタミドホスが人為的に混入された可能性はほとんどない」という。であれば、日本で混入したというのか。そして内部犯行説は「推測にすぎない」と否定し、日本の報道姿勢を批判する。

 恐らく、次は日本のせいにするのだろう。そして「日本は騒ぎすぎ」と逆に文句をつけるのだ。それが中国のやり口である。事なかれ主義で媚中の福田首相では、どうしようもない。

 日本人が死にかけたのだ。狂牛病のときは、日本国内で被害がでていないのに米国産牛肉を輸入禁止にし、米国の工場を検査したのに、中国が相手だと何もしない。北朝鮮による拉致もそうだが、日本政府はいざというときに日本人を守ってくれない。無能国家だ。軍事的にも食糧自給の面でも、そして精神的に自立しないといけない。安倍前首相にはその気概を感じたのだが、マスコミが寄ってたかって潰してしまった。これでは国家の自殺だ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副局長は13日、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件について北京で記者会見し、天洋食品(河北省石家荘市)での製造から輸出までの過程で問題はなく、有機リン系殺虫剤メタミドホスが「人為的に混入された可能性はほとんどない」と改めて強調した。公安当局の捜査についても「現時点では故意を疑わせる形跡はなく、(検疫部門の)調査と結論は一致した」と述べた。

 中国公安省は事件発覚を受けて、専門チームを編成し、生産から輸出まで各段階について捜査。日本で被害を出したギョーザが製造された昨年10月1日、同20日を中心に関係した従業員らから事情聴取している。ただ、魏副局長は、待遇不満を原因とした従業員の「内部犯行説」について「推測にすぎない」と否定した。

 また、生産現場に入るには作業着への着替え、消毒など8プロセスが必要で、「毒物を持ち込む可能性は極めて低い」と指摘。一方で、「原因究明まではどのような可能性も排除できない」として、日本側との積極的な協力が必要との認識を示した。

 魏副局長によると、同総局トップの李長江局長(閣僚級)らが12日、天洋食品を視察し、生産管理、加工プロセス、各種記録などを詳細に調査し、問題がないことを確認した。また、中国の訪日調査チームが日本生活協同組合連合会(日本生協連)から提供を受けた昨年6月3日、10月19日、同20日、11月1日製造の冷凍ギョーザ計10袋について検査したが、メタミドホスのほか、同じ有機リン系殺虫剤のジクロルボスとも検出されなかったという。
 ↑ここまで

« 厚労省が「タミドホスの残留基準見直し」 日本人に毒を食わせる気か! | Main | 人権擁護法案の再提出を阻止せよ! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40121324

Listed below are links to weblogs that reference 毒餃子で中国が「生産から輸出問題なし」 次は日本のせいにするのだろう:

« 厚労省が「タミドホスの残留基準見直し」 日本人に毒を食わせる気か! | Main | 人権擁護法案の再提出を阻止せよ! »