September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「子どもを預けて働ける社会を」じゃなくて「専業主婦でも生活できる社会を」だ! | Main | 「指導力不足」で分限免職は当然 まず生徒のことを考えるべきだ »

February 28, 2008

毒餃子 警察庁長官が中国の発表に反論

 読売新聞のページに「中国側発表『看過できない』…警察庁長官が反論」という記事がある。当然だろう。日本の警察がナメられているのだ。日本が科学的に捜査しているのに対して、中国側は証拠がないというだけである。しかも殺虫剤が袋の外から中へ浸み込んだという。日本の実験ではあり得ないことがはっきりしているのに、だ。

 警察庁長官の反論を聞くと、いかに中国がとんでもない言い方をしているかがよくわかる。うやむやにして政治決着、なんてことになるのだろうか。福田首相だからどうしようもない。まだ中国に「誠意」が十分あるような言い方をしている。一体どこの国の首相なのかと言いたい。危篤にまで陥った国民よりも、中国の方が大事なのか。言うべき事ははっきりと言え。でなければ首相など辞めてしまえ。さっき「NEWS ZERO」で星野監督が、「日本は中国や韓国に対して腰が引けている」「言うべき事は言え」というような発言をしていた。その通りである。

 政府がしっかりと抗議しないといけない。期待薄だが。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 中国製冷凍ギョーザの中毒事件で、中国公安省幹部が中国国内で有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が混入した可能性を否定した発言について、警察庁の吉村博人長官は28日の定例記者会見で、「看過できない」「こういうことを予告もなくポーンと出してくるのはいかがか」と厳しい口調で反論した。

 吉村長官は、<1>検出されたメタミドホスは不純物が多く、国内で流通していない<2>実験の結果、メタミドホスは袋の外側から内側には浸透しない<3>千葉と兵庫で中毒を起こしたギョーザが国内では別ルートで流通している――ことなどを挙げ、改めて「日本国内での混入の可能性は極めて低い」と強調。中国公安省刑事偵査局の余新民・副局長の28日の会見内容は「不可解な点が多い」と述べた。

 特に余副局長が「実験の結果、メタミドホスは袋の外側から内側に浸透する」として日本側の鑑定結果と全く逆の見方を示した点については、「科学的データをもらいたい」と疑問をなげかけた。

 警察庁によると、今月21、22の両日に来日した中国公安省幹部との協議や25~27日に北京で開いた会議では、日本側から、メタミドホスが検出されたギョーザの鑑定結果や袋の写真、ガスクロマトグラフィー質量分析装置によるメタミドホスの不純物の分析結果などを中国側に提供した。一方、中国側には、過去に河北省などで起きたメタミドホスを使った事件3件の捜査資料や、製造元の「天洋食品」(河北省)の工場内を撮影したビデオなどを求めているが、「探している」などとして提出されていないという。

 吉村長官は、余副局長が鑑定結果や証拠を日本に求めても提供されないと発言したことにも触れ、「誤解を招く言い方だ」と反発した。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 「子どもを預けて働ける社会を」じゃなくて「専業主婦でも生活できる社会を」だ! | Main | 「指導力不足」で分限免職は当然 まず生徒のことを考えるべきだ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/40306200

Listed below are links to weblogs that reference 毒餃子 警察庁長官が中国の発表に反論:

« 「子どもを預けて働ける社会を」じゃなくて「専業主婦でも生活できる社会を」だ! | Main | 「指導力不足」で分限免職は当然 まず生徒のことを考えるべきだ »