September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 橋下氏に敗れた民主、連合、部落解放同盟 知名度不足が理由ではなかろう | Main | 中国製冷凍ギョーザ食べ親子5人入院 中国の食品には手を出してはいけない! »

January 30, 2008

靖国神社の暴漢は支那で英雄扱い

 せと弘幸氏のBlog『日本よ何処へ』に、「靖国神社の暴漢はシナ(中国)で英雄扱い」という投稿がある。日本で理由もなしに80歳の老人に暴行をはたらいた犯人が、支那では英雄ともてはやされているという。支那や朝鮮の実態を知っている者にとっては、ああやっぱりなー、としか思わない。

 情けないのは日本の対応だ。日本が何もしないから、逆に加害者であるはずの支那が偉そうにしてしまうのだ。日本が見下され、差別されているという証拠である。

 上記Blogに、(産経以外の)新聞社が何故報道しないのか、その理由を挙げている。

 引用する。

 ↓ここから
1、インターネットのサイトに出し抜かれた

 実はこれは信じられないでしょうが、よくあることなのです。それも常日ごろからマスコミを批判しているネットで先に流れてしまったので、後追いでの報道をためらったという訳です。

2、真実の報道による波及効果の広がりを恐れた

 靖国神社でシナ人が日本の老人から国旗を取り上げ、それを足で踏みつけたというニュースが流れれば、中国に対する日本の「反中感情」が爆発して不測の事態になる可能性を恐れた。

3、シナ・中国大使館からの要請

 この犯人がこのような大物であったとすれば、事件発覚後にすぐ大使館に連絡が行き、日本政府やマスコミに報道自粛の要請があり、マスコミはそれを受け入れてしまった。
 ↑ここまで

 支那からの要請で報道を自粛したり、自己規制するのであれば、これは報道機関の自殺行為である。産経以外の新聞社とマスコミは、これからは偉そうに「報道の自由」などと口にするな。

« 橋下氏に敗れた民主、連合、部落解放同盟 知名度不足が理由ではなかろう | Main | 中国製冷凍ギョーザ食べ親子5人入院 中国の食品には手を出してはいけない! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17899188

Listed below are links to weblogs that reference 靖国神社の暴漢は支那で英雄扱い:

« 橋下氏に敗れた民主、連合、部落解放同盟 知名度不足が理由ではなかろう | Main | 中国製冷凍ギョーザ食べ親子5人入院 中国の食品には手を出してはいけない! »