September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 国籍取得法案提出へ 自民、乱心か? | Main | 支那人を雇って年金の照合など出来る訳がない »

January 28, 2008

靖国暴行事件の犯人は自動車部品メーカーの大幹部

 先日、「『日の丸奪って暴行 靖国神社で中国人逮捕』産経以外は報道せず!」と書いたが、その犯人の招待がわかった。Record Chinaのページに「靖国暴行事件、犯人は自動車部品メーカーの大幹部―中国」という記事がある。

 幾ら中共が露骨な反日態度を取らなくなったとしても、反日教育は健在だ。中国は領土問題(尖閣、ガス田)でも妥協しようとしない。騙されてはいけない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
2008年1月15日、靖国陣社で中国人男性が80歳の老人から日章旗を奪い取り、止めようとした中年男性に暴行を加えた事件が発生した。25日、大河網は暴行を加えた中国人男性が河南万通集団の元副総経理・王班亜(ワン・バンヤー)だと報じた。

大河網の調査によると、王は自動車部品メーカー・河南省万通集団の副総経理。かつては多くの多国籍企業に在籍し、中国の自動車業界ではよく知られた人物だという。取材に対し、河南省万通集団は王が以前副総経理を勤めていたことを認めたものの、すでに同社には所属してないと回答した。離職時期については回答を得られなかった。万通集団のある関係者は事件の連絡を受けて以来、日本の友人と連絡し王の支援に動いているという。

80歳の老人から旗を奪い取り、別の日本人に暴行を加えるという事件は、日本人に再び中国の反日感情の強さを伝えた。愛国主義的傾向が強い中国のネット掲示板は王の行為を絶賛する書き込みで溢れている。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 国籍取得法案提出へ 自民、乱心か? | Main | 支那人を雇って年金の照合など出来る訳がない »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17876645

Listed below are links to weblogs that reference 靖国暴行事件の犯人は自動車部品メーカーの大幹部:

« 国籍取得法案提出へ 自民、乱心か? | Main | 支那人を雇って年金の照合など出来る訳がない »