September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 新テロ対策特措法が成立 海自派遣を済々と進めよ | Main | プライド 運命の瞬間 »

January 11, 2008

小沢代表は新テロ特措法採決より選挙が大事 民主党ってその程度だ

 産経新聞のページに「新テロ特措法採決より選挙? 民主党小沢代表途中退席」という記事がある。国会よりも大阪府知事選挙の方が大事なようだ。民主党は、自身が国民の味方であるように言っているが、国民の代表が集まる国会を軽視しているのだから、言うこととやることが出鱈目だ。民主党など所詮その程度だと思っていないと、裏切られることになるぞ。記事を引用する。

 ↓ここから
 民主党の小沢一郎代表は11日午後の衆院本会議に出席したが、途中退席し、再議決で成立した新テロ対策特別措置法の採決には加わらなかった。

 同日午後に大阪府知事選応援のため大阪市入りする日程が予定されているためとみられる。重要法案の採決よりも選挙応援を優先した小沢氏の姿勢には批判も出そうだ。
 ↑ここまで

 同じく産経新聞のページに「『ちょっと待てよ』鳩山幹事長、新テロ法案再議決を批判」という記事がある。参院選の方が直近にあったから、参院の否決を尊重すべきだという。あほか。日本国憲法には「衆議院の優越」として、今回の再可決も規定されている。

 また、補給活動については「党として認められない。どんな形であれ、戦争に参加するのは許されない」という。確かに民主党の対案では民生支援をあげている。だがそのためには陸上で作業をする必要があり、テロリストの脅威にさらされることになる。また他国の軍隊に守ってもらうのか。それとも丸腰の日本人が殺されても構わないというのか。

 海上での活動であればテロリストの攻撃を受けにくい。国際貢献の方法としては非常に安全だ。日本にとっては非常にありがたいのだ。

 「戦争に参加するのは許されない」というが、テロリストとの戦いは国際的な合意ができている。戦えない国であれば一番に標的にされるだろう。テロではないが、日本は既に北方領土や竹島を侵略され、実質的に奪われている。尖閣諸島も狙われている。諸外国の信義など存在しないのだから、平和や独立のためには戦うしかない。そのために日本は明治維新前後からあの敗戦までずっと戦い続けてきたのだ。

 言ってることが旧社会党と変わらんぞ、鳩山幹事長。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 鳩山氏は再議決に反対の理由として「衆院は解散総選挙が多く、(参院より)民意を反映しているということで優位を許されているが、今回はそれが逆だ。参院選の方が直近にあった。本来は(参院の否決を尊重して)廃案にすべき法案だ」と指摘した。

 同法案成立に伴い、海上自衛隊のインド洋での補給活動が近く再開されることについては「党として認められない。どんな形であれ、戦争に参加するのは許されない」と述べた。
 ↑ここまで

« 新テロ対策特措法が成立 海自派遣を済々と進めよ | Main | プライド 運命の瞬間 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17656650

Listed below are links to weblogs that reference 小沢代表は新テロ特措法採決より選挙が大事 民主党ってその程度だ:

« 新テロ対策特措法が成立 海自派遣を済々と進めよ | Main | プライド 運命の瞬間 »