September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国軍艦寄港になぜ反対しないのか | Main | 国際学力調査 朝日の言う通りにしていたら益々学力は低下する »

December 03, 2007

野球五輪アジア予選で日本が韓国に競り勝つ 韓国の汚い手口を抑えられてよかった!

 産経新聞のページに「日本が2勝目、韓国に競り勝つ 野球五輪アジア予選」という記事がある。抜粋する。
 
 ↓ここから
北京五輪予選を兼ねた野球のアジア選手権は2日、台中の洲際野球場で決勝リーグを行い、日本は韓国に4-3で競り勝ち2連勝。五輪出場権獲得へ大きく前進した。

 日本は一回に高永民のソロ本塁打で先制されたが、二回にサブロー(ロッテ)の左前打で同点とし、森野(中日)の二ゴロが敵失を誘い2-1と勝ち越した。三回に阿部(巨人)、八回には稲葉(日本ハム)の適時打で加点。八回に1点差とされたが、九回を上原(巨人)が締めて逃げ切った。
 ↑ここまで

 接戦をモノにして何よりだが、その裏には卑怯な韓国の真摯協定無視がある。同じく産経新聞のページに「韓国が先発メンバー変更 紳士協定を無視 野球アジア予選」という記事がある。

 ↓ここから
韓国が試合開始直前に先発オーダーをがらりと変更した。星野監督によると「1時間前にオーダーを受け取っていた」。だが、実際のオーダーは先発投手が右の柳済国から左の田炳浩へ。打線も左腕の成瀬を意識してか、1番から6番まで右打者が並んだ

 指揮官はあわてて球審に詰め寄ったが、オーダー変更は認められ、そのままプレーボール。報道陣にも試合が始まってから新しいオーダー表が配られる事態となった。

 韓国の金卿文監督は「(国際野球連盟=IBAF=の)ルールは破っていない。いいとは思わないが、今回のルールでは、うそのリストを作ることもできる」と釈明。これに対し、星野監督は「監督会議で紳士協定を結んだ。ルールブックにはないことだが、非常に疑問だ」と静かな口調ながら怒りをあらわにした
 ↑ここまで

 毎日新聞のページには「星野ジャパン:韓国、試合直前に先発メンバー大変更」という記事がある。引用する。
 
 ↓ここから
日本戦を前に、韓国は試合直前になって先発メンバーに大きく手を入れた。試合開始1時間前に公表されたメンバーでは、先発投手は米大リーグ、レイズに所属する右腕、柳済国だったが、直前の変更で左腕の田炳浩(三星)に。また野手も、右打者が上位に据えられた打順になるなど、先発10選手中7人に何らかの変更が加えられた

 球場のスコアボードも、試合が始まってしばらくは変更前のオーダーを表示しており、韓国の変更が急なものだったことをうかがわせた。試合開始直前に、球審へ問い合わせた星野監督は試合後、「びっくりした。監督会議で(オーダーの発表方法については)確認したのだが、(試合になって)出てきたメンバーは(公表されたものと)かなり替わっていた。会議で決めたのに疑問に思っている」。国際大会ならではの「奇襲」に、不信は隠せないようだった。
 ↑ここまで

 相手のオーダを見てから自チームのオーダを組み替えたら有利になるのは当たり前。卑怯といわれて当然の行為だ。ルールにないのは、そのようなことをするチームがないからである。勝つためには嘘をついても構わないという韓国。スポーツマンシップ精神とはほど遠い。「日帝支配」や「従軍慰安婦」も同じだ。自分たちのためなら嘘をついて相手を騙して貶めても一向に平気なのだ。

 なお、朝日新聞はもちろんだが、読売新聞のページにも同記事は無い。

 韓国紙はどうか。

 中央日報のページには「星野監督『偽装オーダー、言及したくない』」という記事があり、星野監督が勝手に怒っているというように書いている。もちろん嘘だ。抜粋する。

 ↓ここから
 いわゆる“偽装オーダー”を非紳士的と判断した星野監督は「びっくりした。ルールブックにもないし、監督者会議でも聞いたことがなかった。どうしてこんなことが起こったのか説明をしてくれ」と怪訝そうだった。しかし実際は星野監督がこの規定を事前に認知していなかっただけで、多くの大会ではこうした偽装術が“合法”で通っていた。

星野監督は韓国記者団に向かって「韓国のマスコミはどう思うのか知りたい。(私は)言いたくない」と強いトーンで批判した。

 星野監督の激怒を予想していたかのようにインタビュー場に入ってきたキム・ギョンムン監督は「アマチュア野球の誤った部分だ。誤解を招くに値するものだとわかっていたが(こんな規定を認める)多くの規定そのものが誤っている。これから試合開始1時間前と10分前のオーダーが同じになるようにしなければならない」と弁明した。
 ↑ここまで

 「多くの大会ではこうした偽装術が“合法”で通っていた」という事実は無い。韓国の監督が「多くの規定そのものが誤っている」というがどの規定が間違っているというのか。星野監督は規定ではない「紳士協定」に反していると怒っているのだ。

 こんな低レベルな国を相手にする必要は無いのだが、無視するとますますつけあがり嘘を重ねて増長し日本を貶めてくるのは、戦後の歴史や事件が既に証明している。話し合いとか見かけの友好などは不要で、実力の差を見せて徹底的に叩き潰すしかないのだが。

« 中国軍艦寄港になぜ反対しないのか | Main | 国際学力調査 朝日の言う通りにしていたら益々学力は低下する »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17260826

Listed below are links to weblogs that reference 野球五輪アジア予選で日本が韓国に競り勝つ 韓国の汚い手口を抑えられてよかった!:

» 韓国の先発変更に監督「疑問」 [トピックスバーストβ2.0]
韓国の先発変更に監督「疑問」など、野球五輪代表のニュースをいち早くチェック! [Read More]

« 中国軍艦寄港になぜ反対しないのか | Main | 国際学力調査 朝日の言う通りにしていたら益々学力は低下する »