September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 野球五輪アジア予選で日本が韓国に競り勝つ 韓国の汚い手口を抑えられてよかった! | Main | 民主党の大量訪中で衆参本会議中止 民主党議員は中国への奉仕者か! »

December 05, 2007

国際学力調査 朝日の言う通りにしていたら益々学力は低下する

 朝日新聞の12月5日社説は「国際学力調査―考える力を育てるには」だ。OECDの学習到達度調査(PISA)日本の高校1年生の順位が年々低下し続けている。「ゆとり教育」の弊害であるのは自明だ。にもかかわらず、朝日新聞は文部科学省が「ゆとり教育」を見直したことを批判している。もちろん的はずれである。抜粋する。

 「今回の結果からは、日本の子どもの特徴について二つのことがいえる。まず、フィンランドなどの上位の国と比べると、学力の低い層の割合がかなり大きいことだ。この層が全体を引き下げている。これまでも様々な調査で、勉強のできる子とできない子の二極化が深刻な問題と指摘されていたが、底上げの大切さが改めて示されたわけだ。もうひとつは、科学では、公式をそのままあてはめるような設問には強いが、身の回りのことに疑問を持ち、それを論理的に説明するような力が弱い、ということだ」。

 学力の低い層を引き上げようとしているのか、今の公立学校では授業のレベルを下げている。これでは底上げどころか全体のレベルを下げてしまう。授業で密度の濃い内容を教えれば、低学力な生徒でもその分、習得できる内容が増える。ところが今は正反対で、薄っぺらな内容しか教えないので、優秀な生徒には役立たず、バカな生徒も少ししか習得できない。

 身の回りのことを論理的に説明する力が弱いというが、そのためには基本が理解できていないといけない。基本を叩き込まずして、生徒が自ら気付いて学ぶ発見学習やら、いわゆる「総合学習」などをしても、時間の無駄でしかない。

 「学力の底上げと応用力。二つの課題を克服するには、どうすればいいのか。一人一人の学習の進み具合をつかみ、授業についてこられなくなったら、そのつど手助けする。落ちこぼれをつくらないためには、きめ細かな後押しが要る。応用力を育てるには、公式の当てはめ方などを機械的に教えるのではなく、その論理を子どもたちに自ら考えさせる。そんな授業が求められる」。

 学力の底上げには基本を叩き込むしかない。応用力でも論理を自ら考えさせていては時間がかかりすぎる。例えば、3平方の定理や2次方程式の解の公式を生徒に見付けさせようとしたら大変だ。

 「いずれも、十分な教員の数とともに、その質を上げることが必要だろう」。

 教員の数は十分すぎるのではないか。今では担任と副担任が必ずいるようだが、昔は相ではなかった。かけもちの副担任がいたはずだ。1クラスには45人はいたし。それでも学力は高かった。また、教員の質を上げるのなら、労働者としての権利ばかりを主張する日教組の教師を辞めさせるべきだ。

 朝日新聞の言うとおりにしていたら、ますます学力が低下してしまう。それが朝日新聞の狙いなのだろう。マスコミに騙されるバカが多いほうが安泰なのだから。

 また、朝日は社説の冒頭で「二酸化炭素の排出量と地球の平均気温という二つの折れ線グラフを見せ、ここから読み取れることを書かせる」とPISAの設問を紹介している。どうせ相関関係があると言いたいのだろうが、平均気温が変化する要因は二酸化炭素の排出量だけではない。地球温暖化を肯定したいがための記述だが、騙されてはいけない。考える力を育てて、朝日新聞の嘘を見抜こうではないか。

« 野球五輪アジア予選で日本が韓国に競り勝つ 韓国の汚い手口を抑えられてよかった! | Main | 民主党の大量訪中で衆参本会議中止 民主党議員は中国への奉仕者か! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17280498

Listed below are links to weblogs that reference 国際学力調査 朝日の言う通りにしていたら益々学力は低下する:

« 野球五輪アジア予選で日本が韓国に競り勝つ 韓国の汚い手口を抑えられてよかった! | Main | 民主党の大量訪中で衆参本会議中止 民主党議員は中国への奉仕者か! »