September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 化学兵器は遺棄したのではなく中国側に引き渡した | Main | 野球五輪アジア予選で日本が韓国に競り勝つ 韓国の汚い手口を抑えられてよかった! »

December 01, 2007

中国軍艦寄港になぜ反対しないのか

 朝日新聞の11月30日の社説は「中国軍艦寄港―新たな歴史の第一歩に」だ。よくここまで現実を無視した楽観的な社説が書けるものだとあきれてしまった。

 朝日新聞は「今回の訪問を歓迎する」と明言している。どういうことか。親善訪問だからではなく、「中国」だから構わないのだろう。アメリカの軍艦が寄港したら反対するのに。同様に朝日以外の他の左翼(市民)団体が中国軍艦寄港に対して反対運動をしたという話はない。こういうのをダブルスタンダード(2重基準)という。これでは待全く信用できるわけがない。マスコミとしては失格だ。

 朝日は「これを弾みに防衛交流をさらに広げ、両国関係の安定化につなげてもらいたい」などと呑気なことを書く。同じ事をアメリカに対しても言ってみればどうか。

 中国には、軍備増強に対する諸外国の批判をかわそうとする意図があるのは間違いないと、素人でも考えるのだが、そのような事には一切触れない。中国では台湾や日本に向けてミサイルが配備されているし、先日も「ガス田を試掘したら軍艦を出す」という恫喝もあった。

 「軍事の面での信頼醸成は、両国関係だけでなく、アジア全体の安定にも好影響を及ぼす。中国は積極的に国連の平和維持活動(PKO)に参加しているが、要員の訓練などで日中が交流し、アジア諸国にも広げていくことを考えたい」とサラリと書くが、PKOに最後まで反対していたのは朝日新聞だ。また、それを言うなら、インド洋での給油活動継続に反対すべきではない。「国連決議」にこだわっていたら、中国やロシアに反する活動は出来ない。
なぜなら、拒否権を持っているから。仮に中国が日本を侵略したとしても(ガス田で資源を奪われているが)、国連安全保障理事会は行動できないのだ。

 国連は日本の安全保障をしてくれるわけではない。勘違いしてはいけない。

 それから朝日は、「歴史好きの人なら、中国の軍艦と聞けば『定遠』『鎮遠』といった名前を思い出すに違いない。清朝が誇る大戦艦だった。明治時代に日本の港を訪れ、その威容が日本人を驚かせた。日本はこれに負けじと海軍力強化に突き進み、後年、日清戦争でぶつかることになる」と自虐史観を披露する。

 「定遠」「鎮遠」というアジア最大の軍艦(当時)が日本に寄港したのは、巨大な軍艦を持たない日本を威嚇するためであった。清(中国)の軍事的脅威に対し、日本は小型戦艦と操船技術で対抗した。朝日は「日本はこれに負けじと海軍力強化に突き進み」と書くが、そうせざるを得なかった。侵略や戦争が当たり前のように行われていた時代だ。負けてしまったら日本が侵略されていたかもしれない。そういう時代背景を無視して、あたかも日本のせいで日清戦争が起こったかのような書き方をするのは間違っているし、我々の祖先に対して失礼にあたる。

 朝日新聞は最後に「もちろん、いま求められるのは軍拡競争ではなくて、平和のための協力だ。『深セン』の名前がそのスタートとして歴史に刻まれるよう努力していきたい」と書く。朝日新聞は「中国」様のために何を努力するのだろう。人民日報と提携している新聞だ。これからも中国に都合の悪いことは報道しないのだろう。

 産経新聞は11月27日の社説で「中国軍艦初寄港 相手の真意を見極めよ」と書いている。一部を抜粋する。

 ↓ここから
 しかし軍事交流をうわべの友好演出の場にとどめてはならない。中国人民解放軍は国際社会で高まる中国脅威論を意識してか、このところ対外交流を活発化させている。しかし、急激な軍拡の実態やその本当の狙いについては相変わらず不透明だ。

 さらに最近の中国は、軍事力を誇示して対外交渉を有利に進めようとの動きが目につく。1月には自国の人工衛星をミサイルで破壊して米国を動揺させた。日本には「台湾海峡有事に関与すれば南西諸島を攻撃する」、日本が日中中間線の日本側海域でガス田を試掘すれば「中国海軍は軍艦を出す」などと、軍人や外交官が非公開の場で牽制(けんせい)、恫喝(どうかつ)の発言を行っている。

 防衛当局には、交流を通じて中国側の一連の言動の真意を冷静に探ってもらいたい。中国の強大化に伴い、日本の安全保障体制を再吟味する必要性が高まっている。中国との軍事交流強化はそのためでもある。 
 ↑ここまで

 産経の方が余程事実に即しているというのがはっきりする。

人気blogランキングへ→banner_01

« 化学兵器は遺棄したのではなく中国側に引き渡した | Main | 野球五輪アジア予選で日本が韓国に競り勝つ 韓国の汚い手口を抑えられてよかった! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17237990

Listed below are links to weblogs that reference 中国軍艦寄港になぜ反対しないのか:

« 化学兵器は遺棄したのではなく中国側に引き渡した | Main | 野球五輪アジア予選で日本が韓国に競り勝つ 韓国の汚い手口を抑えられてよかった! »