September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 民主党の大量訪中で衆参本会議中止 民主党議員は中国への奉仕者か! | Main | 「生徒殴った教諭、書類送検」 言葉で注意して聞かないのなら体罰でも構わないではないか »

December 06, 2007

「教諭が茶髪男子中生に黒髪染めスプレー」 校則違反する奴が悪い 「人権侵害」ではない どんどんやれ!

 産経新聞のページに「教諭が茶髪男子中生に黒髪染めスプレー 兵庫・川西」という記事がある。校則に違反して茶髪にした男子生徒の髪を、担任教師らが髪染めスプレーで黒く染め直したという。

 校則に違反する生徒を指導するのは当然だ。見逃したら校則の意味が無い。違反する方が悪い。人権侵害ではない。もっというと子供の人権は教育上制限されていると見るべきだ。大体、人権ってそんな軽いものなのか。

 この中学生は恥も外聞もなく、「子どもの人権オンブズパーソン」に申し立てたとあるが、何と保護者も一緒だという。ろくでもない保護者だ。保護者から教育し直さないといけない。

 茶髪の生徒が拒否しようが抵抗しようが、どんどん真っ黒に染めてしまえばよい。それが嫌なら学校に来るな。目障りだ。他の良識有る生徒が迷惑する。

 わしの経験ではそういうやつらほど「人権」とか「教育を受ける権利」などを主張するのだ、困ったことに。

 わしが中学生のとき、学校によっては校則で「男子は丸坊主」と決められており、守れなければ学校にいけなかった。ルールや規律を守るのも教育のうちだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 兵庫県川西市の市立中学で10月、茶髪にした男子生徒の髪を、担任教師らが髪染めスプレーで黒く染め直していたことが6日、わかった。生徒と保護者は人権侵害にあたるとして、市の第三者機関「子どもの人権オンブズパーソン」に申し立てたが、市教委は事実を認めたうえで、「生徒の了解を得ており、人権侵害にあたらない」としている。

 市教委によると、中間テスト初日の10月11日、校則で禁じられている茶髪で登校した男子生徒を、教諭が注意。髪染めスプレーを持っていた別の教諭らとともに、生徒を保健室に連れて行き、スプレーで染め直した。

 申し立てによると、生徒は、「自身で髪を染めなさい」とする教諭の指示を拒否したところ、教諭が体を押さえつけてスプレーをかけたという。

 一方、市教委は「生徒は、教諭に対して拒否せず応じており、教諭が体を押さえつけた事実もない」としている。
 ↑ここまで

« 民主党の大量訪中で衆参本会議中止 民主党議員は中国への奉仕者か! | Main | 「生徒殴った教諭、書類送検」 言葉で注意して聞かないのなら体罰でも構わないではないか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17288795

Listed below are links to weblogs that reference 「教諭が茶髪男子中生に黒髪染めスプレー」 校則違反する奴が悪い 「人権侵害」ではない どんどんやれ!:

« 民主党の大量訪中で衆参本会議中止 民主党議員は中国への奉仕者か! | Main | 「生徒殴った教諭、書類送検」 言葉で注意して聞かないのなら体罰でも構わないではないか »