September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 訂正申請を承認してはいけない | Main | 日経ビジネスの「汚い」パチンコ・サラ金擁護記事 »

December 26, 2007

左翼の次の狙いは教科書検定廃止か!?

 産経新聞のページに「首かしげる記述、次々パス 集団自決訂正申請」という記事がある。全く同感でなぜこんなデタラメが検定を通ってしまうのかと思う。教科書検定制度の信用を著しく損なったといえる。「こんな検定など要らない」と思ったら左翼の思うツボだ。左翼の次の狙いは、教科書検定の廃止だろうと思われるからだ。

 教科書を実質的に選択している勢力が左翼・日教組や同和である限り、日本の教科書の異常事態は払拭できないのだろうか。教科書の利用者は生徒でありその両親であるのだが。真実を知る権利を奪っている。それでいて日本国憲法を擁護し人権を主張するのだから、支離滅裂だ。「新しい歴史教科書」も普及しないし。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 「強制集団死」「沖縄県民大会開催」「意見書可決」「検定制度批判」…。26日に公表された沖縄戦集団自決をめぐる高校日本史教科書の訂正申請記述では、検定の申請段階にはなかった記述が大幅に書き込まれた。断定的な記述や信憑(しんぴよう)性が疑われる記述、事実ではあっても教科書記述として首をかしげたくなる記述が次々とパスした。

 18年度検定では「日本軍によって集団自決に追い込まれた」とする記述が、「自決の主語が軍にあたる」として認められなかったが、訂正申請では、複合的な要因が加われば許容された。軍の強制を示す記述も、軍による直接的な強制と断定しない場合は通過した。

 当初、検定意見がつかなかったものの、訂正申請で大幅に加筆したのは第一学習社。訂正申請では「日本軍は住民の投降を許さず」とする断定的な記述を加筆した。渡嘉敷村の守備隊長が村民に対し「非戦闘員だから最後まで生きてくれ」と言ったとされる証言も否定しかねない書き方だが、「軍の方針は確認できるから不正確ではない」(文科省)という。

 三省堂の本文は「日本軍の関与によって集団自決に追い込まれた人もいる」。軍のかかわりを「関与」と弱めたが、側注で「日本軍によってひきおこされた『強制集団死』とする見方が出されている」と加筆した。軍強制を明示しているが、「最近の見方なので認められた」(文科省)という。

 東京書籍は本文以外での加筆が際立っている。「『集団自決』に日本軍の強制があった記述が消えたことが問題になった」として今春の検定を批判。側注で「沖縄県では、県議会・全市町村議会で検定意見の撤回を求める意見書が可決され、大規模な県民大会が開催された」とした。地方議会の意見書レベルが教科書記述に載るのは異例だ。さらに、囲み記事では「手榴(しゆりゆう)弾を手渡し、『一こは敵に投げ込みあと一こで自決しなさい』と申し渡した」とする自決訓示の情景描写が加わった。これは、検定審に提出された沖縄専門家の意見で「信頼性が低い」とされている。

 清水書院は、年表に検定意見撤回を求める意見書可決を盛り込んだ。今年を代表する出来事かどうかは疑問だが、「何を書くかは教科書会社の判断」(文科省)という。

 実教出版は「強制的な状況のもとで」などの記述を加え、強制性を鮮明にした。訂正申請の理由として「高校生が正確に沖縄戦を理解するうえで支障をきたすおそれがある」ことを挙げた。

 一方、山川出版は「日本軍によって壕を追い出されたり、あるいは集団自決に追い込まれた住民もあった」とする簡明な記述。検定審から唯一、意見がつかなかった。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 訂正申請を承認してはいけない | Main | 日経ビジネスの「汚い」パチンコ・サラ金擁護記事 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17488078

Listed below are links to weblogs that reference 左翼の次の狙いは教科書検定廃止か!?:

« 訂正申請を承認してはいけない | Main | 日経ビジネスの「汚い」パチンコ・サラ金擁護記事 »