September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「北朝鮮は日本帝国主義の申し子」と言うのなら南も同じだ | Main | 朝日の嘘だらけの「集団自決検定」社説 »

November 09, 2007

大江健三郎氏が沖縄集団自決訴訟で証言

 産経新聞のページに「『訂正するつもりはない』と大江氏~沖縄集団自決訴訟」という記事がある。大江氏は「参考資料を読み、執筆者に会って話を聞き、集団自決は軍隊の命令という結論に至った」とか、「当時は『官軍民共生共死』の考え方があり、住民が自決を考えないはずがない」などと証言したようだが、集団自決が軍の命令によるという根拠は全く示していない。いわば思い込みで「沖縄ノート」を書いたのだろう。

 だが本人は「日本軍の責任を明確にしたかった。強制において(集団自決が)なされたことを訂正するつもりはない」と言う。日本や日本軍を悪く言いたいだけなのだ。

 事実かどうかは関係無しに、自分の思いを遂げたい。左翼や朝鮮に共通する思考様式だ。虫唾が走る。

 それに対して、実際に現地で取材にあたり、ありのままを記述した曽野綾子氏の「『集団自決』の真実」を読んでみればよい。どちらが真実かは自明である。

 記事から引用する。

 ↓ここから
 先の大戦末期の沖縄戦で、旧日本軍が住民に集団自決を命じたとする本の記述は誤りとして、当時の守備隊長らが、ノーベル賞作家の大江健三郎氏と岩波書店に損害賠償や書物の出版・販売差し止めなどを求めた訴訟は9日、大阪地裁(深見敏正裁判長)で引き続き口頭弁論が行われ、大江氏が出廷した。

 本人尋問で大江氏は「参考資料を読み、執筆者に会って話を聞き、集団自決は軍隊の命令という結論に至った」と述べ、軍命令説の正当性を主張した。

 今回の訴訟で大江氏が証言するのは初めて。訴訟は、来年度の高校日本史の教科書検定で、集団自決を「軍の強制」とした記述を修正した根拠にもなったが、その後、教科書会社が削除された記述を復活させる訂正申請を出している。

 大江氏は座間味、渡嘉敷両島の元守備隊長2人が直接自決を命じたかどうかについては「書いていない」としながらも住民に手榴(しゅりゅう)弾が配布されたケースがあると指摘。「当時は『官軍民共生共死』の考え方があり、住民が自決を考えないはずがない」と軍の強制があったと述べた。また、自著『沖縄ノート』について「日本軍の責任を明確にしたかった。強制において(集団自決が)なされたことを訂正するつもりはない」と語った。
 ↑ここまで

 参考: 谷沢永一「こんな日本に誰がした ― 戦後民主主義の代表者・大江健三郎への告発状」(クレスト社)
     曽野綾子「沖縄戦・渡嘉敷島「集団自決」の真実―日本軍の住民自決命令はなかった! 」(ワック)
     

人気blogランキングへ→banner_01

« 「北朝鮮は日本帝国主義の申し子」と言うのなら南も同じだ | Main | 朝日の嘘だらけの「集団自決検定」社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17025913

Listed below are links to weblogs that reference 大江健三郎氏が沖縄集団自決訴訟で証言:

« 「北朝鮮は日本帝国主義の申し子」と言うのなら南も同じだ | Main | 朝日の嘘だらけの「集団自決検定」社説 »