September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ひこにゃんの作者が使用中止を求める | Main | 亀田問題で反省せず、開き直るTBS 免許を剥奪せよ »

November 10, 2007

捏造放送への処分見送り! 残念の一言だ

 産経新聞のページに「捏造放送への処分は見送り 放送法改正案修正へ」という記事がある。放送法改正案のうち、捏造番組を放送した放送局への行政処分導入を法案から削除する方向で検討しているという。電波という公共財産を独占的に使って、捏造した放送を行うなど言語道断である。免許剥奪などの行政処分は必須であると思う。

 しかし放送局側はもちろん猛反対だ。自分たちの権力が弱まるのは困るというわけだ。そして「報道の自由」やら「メディアの独立性」などのもっともらしい理屈を持ち出す。

 幾ら報道の自由と言っても、「捏造」報道の自由など無い。また、特定勢力に偏向した報道を行って何が中立か。放送局に自浄能力が無い以上、第三者の機関が制限をかけられても仕方が無い。それだけ放送局のレベルが低いということだが、全く認識していないようだ。偉そうに何様の積りか。

 それにしてもマスコミ、特にテレビの影響は恐ろしい。「納豆が健康に良い」と番組が言えば、全国のスーパーで納豆が品薄になってしまう。バカじゃないか。テレビの出現で「一億総白痴化」が進むといわれていたが、着実に進行しているようだ。

 納豆程度なら笑って済ませられるが、与党を大々的に批判し、常に野党を持ち上げる報道姿勢は、健全な民主主義を妨げるだけだ。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 4月に通常国会へ提案され、継続審議となっている放送法改正案のうち、捏造(ねつぞう)番組を放送した放送局への行政処分導入について、与党が法案から削除する方向で検討していることが7日わかった。新たな行政処分には「言論の自由の侵害につながる」として放送局などが猛反発し、野党も慎重姿勢のため、法案審議の難航が予想されている。与党はこの部分を事実上撤回し、NHK改革や民放の持ち株会社化解禁など他の制度改正を優先し、今国会での法案成立を目指す。

 関係者によると、国会の会期延長が決まれば、衆院総務委員会で法案を審議したうえ、与党側が行政処分の新設条項を削除した修正案を提出する。すでに与野党の調整が始まっているという。

 新たな行政処分は、今年1月に発覚した関西テレビの「発掘!あるある大事典II」捏造問題を受けて総務省が打ち出した。捏造した放送局に総務相が再発防止計画の提出を求めることができ、総務相の意見書とともに公表するとしている。

 これに対し、日本民間放送連盟は「報道の真実性は取材合戦と論争で担保されるもので、国家権力によって確保されるものではない」と反発。NHKも「行政機関が取材や制作の是非を判断、関与すれば、表現の自由が損なわれる恐れがある」と主張し、メディアの中立性をめぐる論争に発展した。

 こうした中で与党は、放送業界の第三者機関、放送倫理・番組向上委員会(BPO)が5月に「放送倫理検証委員会」を設置して自浄作用を示したことを考慮。行政指導がなくても、捏造防止に一定の実効性を担保できると判断した。放送法改正を「空転する衆参ねじれ国会で法案を成立させる試金石にしたい」(自民党議員)との思惑もある。

 今後の法案修正協議では、NHKの国際放送の命令放送を「要請」に改める政府案に対し、制度そのものの撤廃を求める野党側主張をどう取り入れるかも焦点となる。一方、法案に盛り込まれているNHKの経営体制見直しや、民放キー局が地方局を傘下に収める持ち株会社制度、ワンセグ放送と一般放送の独立編成などは原案通り認められる方向だ。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« ひこにゃんの作者が使用中止を求める | Main | 亀田問題で反省せず、開き直るTBS 免許を剥奪せよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/17035967

Listed below are links to weblogs that reference 捏造放送への処分見送り! 残念の一言だ:

« ひこにゃんの作者が使用中止を求める | Main | 亀田問題で反省せず、開き直るTBS 免許を剥奪せよ »