September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« エスカレーター事故の男児が退院 親はしっかりとお灸を据えるように! | Main | 外国の固有名詞は自国の読みで構わない »

October 30, 2007

中国から全面譲歩を勝ち取った安倍元首相 首相交代で失ったものは大きい

 産経新聞のページに「李登輝氏訪日めぐり日中神経戦」という記事がある。中国の言いなりになっていた日本だが、安倍首相(当事)は中国に阿ることなく、譲歩を引き出したという。ところが、福田首相は最初から靖国カードを手放しておりくみしやすいと見られ、中国が再び強硬姿勢をみせているという。首相交代で失ったものは非常に大きい。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 今年6月にドイツで開催された主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)での安倍晋三首相(当時)と中国の胡錦濤国家主席との首脳会談をめぐり、中国側がその直前の台湾の李登輝前総統の訪日を理由に会談を拒否していたことが27日、複数の関係者の証言で分かった。しかし、日本側が譲らず、中国側が全面的に折れるかたちで決着、会談は行われた。こうした安倍政権の“遺産”をどう継承できるかが、今後の対中外交の焦点になりそうだ。
 (略)
 中国側は、5月末になって会談中止を通告してきた。理由は、5月30日の李氏来日だ。中国政府は、28日の日中外相会談で楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)外相が麻生太郎外相(当時)に李氏訪日への懸念を表明していた。それにもかかわらず、日本側が李氏の入国に何の制限も加えなかったことを問題視したのだ。

 これに対し、日本政府は、「サミット正式参加国は日本だ。招待国の中国と無理して会談することはない」(当時の官邸筋)と会談の提案そのものを引っ込めた。

 これにあわてたのが中国だった。すぐに「李氏は日本で講演を予定している。これを(マスコミなどに)完全クローズにするなら安倍氏と会談してもいい」とハードルを下げてきた。

 それでも日本側が「会談開催に李氏訪日の件を絡めるならば、会う必要はない」という安倍氏の考えを伝えたところ、中国側は6月3日になって「条件はつけない。ぜひ会談を行いたい」と全面的に譲歩。8日の首脳会談が実現した。
 (略)
 政権交代後の今月11日に北京で開かれた東シナ海のガス田開発に関する局長級協議で、中国側は、改めて強硬姿勢をみせている。

 こうした状況から、外務省内には「“親中派”の福田康夫首相に花を持たせる考えはない」との見方も広がり始めた。外交筋は、「福田首相は早々に『靖国には参拝しない』と述べ、靖国カードを手放しており、くみしやすいとみている」と指摘している。
 ↑ここまで

« エスカレーター事故の男児が退院 親はしっかりとお灸を据えるように! | Main | 外国の固有名詞は自国の読みで構わない »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16922219

Listed below are links to weblogs that reference 中国から全面譲歩を勝ち取った安倍元首相 首相交代で失ったものは大きい:

« エスカレーター事故の男児が退院 親はしっかりとお灸を据えるように! | Main | 外国の固有名詞は自国の読みで構わない »