September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 新幹線栗東新駅の建設は事実上中止 | Main | 朝日新聞が「金大中事件―醜い事実を直視しよう」って、日本に向けて言うことではない »

October 25, 2007

「金大中事件」についての毎日新聞が珍しくまともな社説を書いた

 金大中事件は韓国政府の犯行であったことを韓国政府が明らかにした。25日の朝刊で毎日新聞が「金大中事件 日韓は公明正大な再決着図れ」と珍しく真っ当な社説を書いている。朝日新聞ほど内部の締め付けが効いていないと言われている通りだ。

 社説から部分的に抜粋する。

 ↓ここから
 政府機関の関与がなかったことを前提とする日韓の政治決着は、根拠を失った以上、見直さねばならない。

 事件は、白昼堂々と東京都心のホテルから滞日中の金氏を袋詰めにして密出国させる、という前代未聞の凶行だったことを忘れてはならない。犯行の大胆さ、凶悪さも衝撃だったが、日本の出入国管理をものともせず、主権を侵害するとは言語道断で、国際的な信義にもとる所業だった。あろうことか、韓国の国家機関であるKCIAが犯行に関与していたとは、あきれ果てた暴挙だと改めて指弾せざるを得ない。

 新事実が公式に明かされた以上、政府は政治決着を元に戻し、韓国政府に対して正式な謝罪を要求しなければならない。拉致現場から当時の在日韓国大使館1等書記官の指紋が検出された事実など捜査結果を踏まえ、書記官ら関係者の処罰や日本の警察による取り調べ、場合によっては日韓犯罪人引き渡し条約に基づく身柄の引き渡しを求めるべきでもある。

 国家の主権があまりに軽んじられていたことに驚きを禁じ得ない。

 今回の発表には大統領選を控えた政治的な意図が見え隠れするが、過去の政権の旧悪を清算するのならば、刑事責任の所在まで明確にすべきだ。日本では容疑者の出国によって、時効が停止されていることも強調しておきたい。

 日韓は海峡一つを隔てた隣国だけに、変則的な往来は戦後も見られたが、互いの主権を尊重しない限り、真の友好親善はかなわないとの認識を新たにしたい。北朝鮮による拉致問題の解決を図る上でも、重要な視点である。
 ↑ここまで

 毎日新聞がここまで強い調子の社説を書くとは非常に珍しい。

 社説の最後で「互いの主権を尊重しない限り、真の友好親善はかなわないとの認識を新たにしたい」とある。その通りだ。であれば、韓国の「靖国参拝」や「教科書検定」への介入には断固として反対しないといけないのではないか。

 最後には「北朝鮮による拉致問題の解決を図る上でも、重要な視点である」という。毎日新聞が今後もこのような報道姿勢を貫くよう期待したい(かなり期待薄だが)。

« 新幹線栗東新駅の建設は事実上中止 | Main | 朝日新聞が「金大中事件―醜い事実を直視しよう」って、日本に向けて言うことではない »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16870670

Listed below are links to weblogs that reference 「金大中事件」についての毎日新聞が珍しくまともな社説を書いた:

« 新幹線栗東新駅の建設は事実上中止 | Main | 朝日新聞が「金大中事件―醜い事実を直視しよう」って、日本に向けて言うことではない »