September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« ソフト会社がTBS批判 | Main | ダーク・パッション・プレイ »

October 15, 2007

亀田大毅出場停止1年間、史郎セコンド資格無期限停止

 産経新聞のページに「亀田大毅に1年間の出場停止処分 父はセコンド資格無期限停止」という記事がある。1年間というのは甘いように思うが。恐らくこれでTBSも亀田家を見放すのではないか。持ち上げて落とすのはマスコミの常だし。記事から抜粋する。

 ↓ここから
 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則を繰り返した亀田大毅選手(18)=協栄=とその陣営について、日本ボクシングコミッション(JBC・安河内剛事務局長)は15日、東京都内で倫理委員会を開き、亀田大に1年間の出場停止処分、試合前に相手側を威嚇したなどとして父の史郎トレーナー(42)に無期限のセコンド資格停止処分を科すことを決めた。

 このほか、セコンドについた元世界王者の兄、興毅選手(20)を反則を指示するような言動があったとして厳重戒告処分、監督責任を問い協栄ジムの金平桂一郎会長を3カ月間のオーナーライセンス停止処分とした。世界戦で選手らが処分されるのは極めて異例で、日本ボクシング史上に残る不祥事となった

 倫理委では試合のビデオをチェックし、1回ごとに内容を精査した。その結果、亀田大は12回に王者の内藤大助選手(33)=宮田=を投げ飛ばして減点を受けた行為が故意の反則に該当すると判断。また、史郎トレーナーについては、試合開始直前にレフェリーの注意を受ける際、内藤とセコンドの宮田博行会長に対し「なんやこら」などと叫んだことが、恫喝(どうかつ)、威嚇行為に当たるとした。

 11回開始前のインターバルで、史郎トレーナーと興毅に、反則を促すような不適切な指示があったとした。

 史郎トレーナーは、観客との乱闘騒ぎなどでこれまでに2度JBCから厳重注意処分を受けており、陣営の中で最も重い処分となった。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« ソフト会社がTBS批判 | Main | ダーク・パッション・プレイ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16771070

Listed below are links to weblogs that reference 亀田大毅出場停止1年間、史郎セコンド資格無期限停止:

» 亀田大毅、1年間ライセンス停止 [オバタリアンの独り言]
オバタリアンはこの間 WBC世界フライ級王者内藤大助(33=宮田)選手と亀田大毅選手の試合を観たのですが、内藤選手が勝ってくれてほっとしました。 亀田選手はオバタリアンの年代から観ればまだまだ幼さの残る可愛いやっちゃ者に見えます。 試合の途中、休憩で亀田..... [Read More]

« ソフト会社がTBS批判 | Main | ダーク・パッション・プレイ »