September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 沖縄県民大会「11万人参加」 実は4万強! 水増しは左翼の常套手段! | Main | 民主党が「集団自決」の「再検討」求める決議案 »

October 04, 2007

10月3日の「産経抄」 「県民大会参加者は4万3000人」

 10月3日の「産経抄」に、「(県民大会の)参加者は最大で4万3000人」とある。さすが産経新聞だ。他紙が一切報道していないのに、コラム内ではあるが参加者水増しが記事になった。県警が正式発表を出来ない「閉ざされた言語空間」がいまだに存在することが恐ろしい。安倍内閣も「戦後レジームからの脱却」と言ってはいけないことを口にしたから、殆どのマスコミから叩かれ潰されてしまった。

 ところが朝日新聞は、産経新聞が「靖国神社参拝や村山、河野談話の見直しを求め続けた」ことが重荷になって潰れたのだという。自社のしてきたことを棚にあげて、よくこのような事を言えるものだ。恥知らずというか鉄面皮というか。靖国参拝を躊躇させ、村山、河野談話の破棄を行なわせないよう圧力をかけているのは、朝日新聞をはじめとするマスコミなのに。

 産経抄を引用する。

 ↓ここから
 拝復 朝日新聞論説委員室さま。9月28日付夕刊の「『産経抄』の良心」と題されたコラムを拝読しました。安倍退陣について「靖国神社参拝や村山、河野談話の見直しを求め続けたあなた方の身びいきこそ、(安倍氏に)重荷だったのではないか」とご指摘いただきましたが、物は言いようだとつくづく感心致しました。

 ▼「事実の確認だけはくれぐれもお忘れなく」ともご忠告をいただきましたが、その言葉はお返ししなくてはなりません。そう、先月29日に開かれた沖縄戦での住民の集団自決をめぐる教科書検定への抗議集会の報道ぶりです。

 ▼貴紙は1面で「沖縄11万人抗議」と大見出しをとり、きのうも「県民大会に11万人が参加した」と書いておられます。でも、11万人は主催者発表の数字です。記者は何の疑問も持たなかったのでしょうか。

 ▼抄子は宜野湾市内にある会場を何度か訪ねていますが、会場の面積は約2万5000平方メートル、つまり160メートル四方に過ぎません。当日の航空写真を見ると空きスペースもあり、どう数えれば11万人にもなるのでしょう。

 ▼もったいぶってすみません。関係者によると、参加者は最大で4万3000人だそうです。沖縄の警察は、主催者の反発を恐れてか真実を発表できないのです。江藤淳先生が生前、指摘された「閉された言語空間」がなお存在するようです。

 ▼ 主催者発表通りに集会の規模を2・5倍も誇大に報道する姿勢は、戦時中に大本営発表を垂れ流し続けた貴紙の過去とだぶってしまいます。そうそう、貴紙は論調の異なる読売、日経とネット事業や販売部門で提携されるそうですね。思い切った決断に拍手を送りますが、新聞でもネットでも事実の確認だけはくれぐれもお忘れなく。 敬具
 ↑ここまで

 9月28日の朝日新聞夕刊の「『産経抄』の良心」を以下に引用する。朝日新聞が安倍内閣を評価するのは(自分たちの意のままになった部分だけであるが)、「安倍氏をたたきすぎたと反省して」というより、安倍氏をたたいてばかりだ、という批判をかわすためではないか。

 朝日新聞さん、あなたの良心は痛まないのでしょう。今までからずっと世論を操作して政治に圧力をかけてきたのだから。

 ↓ここから
 安倍前首相にあれほど強い期待を寄せてきた産経新聞である。突然の退陣を惜(お)しむ気持ちは分からないではない。

 安倍内閣総辞職の日、私たちはこの1年の安倍政治を振(ふ)り返る社説を掲げた。そのなかの「評価すべき点がなかったとは思わない」というくだりが、お気に召(め)さなかったらしい。翌日の1面コラム「産経抄(しょう)」にこう批判された。「あれほど安倍たたきに熱心だった朝日新聞もさすがに良心がとがめたのか」「御為(おため)ごかしそのものだ」

 ちょっと待ってほしい。私たちが安倍政権を批判することが多かったのはその通りだ。一方で、安倍氏が訪中、訪韓を決断した時は社説で「首相交代をきっかけに新しいスタートが切られることを歓迎(かんげい)する」とエールを送った。村山首相談話や河野官房長官談話の継承(けいしょう)を表明した時にも「大いに歓迎」と評価した。

 安倍氏をたたきすぎたと反省して、今になって唐突(とうとつ)に評価を始めた――。そう言いたいとしたらお門違(かどちが)いというものだ。

 朝日新聞をたたくのは自由だし、皮肉なコラムも結構だが、事実の確認だけはくれぐれもお忘れなく。

 安倍氏にとって痛かったのは私たちの批判だけだったのか。むしろ、右派論壇(ろんだん)とタッグを組んで靖国神社参拝や村山、河野談話の見直しを求め続けたあなた方の身びいきこそ、重荷だったのではないか。

 ひいきの引き倒(たお)し、という言葉もある。「産経抄」子さん、あなたの良心は痛みませんか。

 〈恵村順一郎〉
 ↑ここまで

 あと、Blog「アジアの真実」さんが、県民大会の会場の面積と当日の様子や、会場までの鉄道のない沖縄県の事情を考えて、11万人参加はおかしいと書かれている。少し調べればわかることだ。新聞記者なら裏を取ってから報道するべきだが、主催者の発表をそのまま報道し、警察も調査結果を公式に発表できない。

 嘘を声高に叫び、歴史的事実が歪められる。こんなことがまかり通るのであれば、我々は最早、中国や南北朝鮮の歴史観を批判することは出来ない。情けないことこの上ない。

« 沖縄県民大会「11万人参加」 実は4万強! 水増しは左翼の常套手段! | Main | 民主党が「集団自決」の「再検討」求める決議案 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16656689

Listed below are links to weblogs that reference 10月3日の「産経抄」 「県民大会参加者は4万3000人」:

« 沖縄県民大会「11万人参加」 実は4万強! 水増しは左翼の常套手段! | Main | 民主党が「集団自決」の「再検討」求める決議案 »