September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 潘基文国連事務総長が、国連の主要なポストに韓国人を起用! 国連を私物化するな | Main | ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 »

October 22, 2007

沖縄戦と教科書検定問題の要点

 世界日報のページに「沖縄戦と教科書検定問題 渡部昇一上智大学名誉教授に聞く」という記事がある。全く同感であるので、一部を引用する。

 ↓ここから
 先の沖縄戦で、赤松嘉次大尉率いる渡嘉敷島と、梅澤裕少佐の座間味島で起きた集団自決に関して、隊長の自決命令があったかどうかという問題は既に決着済みです。

 忘れられているかもしれませんが、当時の大多数の日本兵は非常に立派でした。あのころの将校は非常に責任感が強く、犠牲精神も強かった。ですから、「自分が自決の命令を出した」と言って住民の生活が助かるのであれば汚名を着ても構わない、と。元来、国家のために死をも覚悟して軍人になった人が圧倒的でしたから。

 しかし、それを悪用したのが大江健三郎氏の『沖縄ノート』であり、一方、おかしいと思って現場で綿密な取材をして、『ある神話の背景』に自決命令がなかったという真相をお書きになったのが曽野綾子さんです。
 (略)
 こうした真相が明らかになると、沖縄の左翼運動の首謀者たちは今度、「集団自決に、軍の関与はなかったのか」という、また別の土俵に持っていったのです。
 ↑ここまで

 左翼連中は、「隊長からの集団自決命令がなかった」ので、今度は「軍の関与があった」と論点をすり替えたということだ。

 ↓ここから
 沖縄の人が、「自分たちはひどい目に遭った」と叫んで本土から金をもらおうとしているかもしれませんが、はっきり言って、それは卑しい。なぜ、お金が絡んできた途端に卑しくなってきたかと言えば、戦後の風潮もあります。戦後の日本本土を悪く言わなければならないコリア人と同質の発想法に蝕まれたのではないか、とみています。
 (略)
 今回も、渡嘉敷、座間味の集団自決に、何もないということが分かった途端に、沖縄は島ぐるみで「自決に関与した」と叫びだし、誤った情報を本土に向かって洪水のごとく流し始めたのです。
 ↑ここまで

 さて、同じく世界日報のページに、「誤報だった沖縄戦『新証言』」という記事がある。座間味島で、隊長から集団自決を命じられたという新証言が見つかったと「沖縄タイムス」が大々的に報じ、朝日新聞が9月30日の社説で、「集団自決が日本軍に強制された」ことの「新たな証言」として、この証言を引用した。

 ところがこれが全くの誤報であった。嘘で歴史を書き換えられてはたまらない。しかも自虐的に。戦前の国定教科書が悪し様に言われるが、今、「集団自決」記述の復活を求めている者が批判できるのか。逆に戦前の教科書の方が日本に立脚して歴史を伝えている分、余程まともではないか。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 三月三十日の文部科学省の検定結果が公表されて以来、これに抗議する沖縄のメディアは大々的なキャンペーンを展開して、集団自決に関して軍の命令・強制があったとする証言集めに奔走してきた。

 だが、客観的証拠は何もなく、出てきたのは「人づてに命令を聞いた」という伝聞証言ばかり。そうした中で、七月上旬、沖縄県議会議員団が慶良間諸島への聴き取り調査を実施。沖縄タイムスは同月七日付で、座間味村在住の上洲(かみす)幸子さん(84)が、「梅沢部隊長は村民を集め『米軍は上陸して、どこにでも入り込んでくるから、もし敵に見つかったら舌をかみ切って死になさい』と話した」と一面、社会面に写真付きで大きく報じた。

 この隊長による直接の命令証言はその後、共産党機関誌「前衛」九月号が引用。さらに九月三十日付朝日新聞は社説「集団自決―検定意見の撤回を急げ」の中で、「集団自決が日本軍に強制された」ことの「新たな証言」として、この証言を引用した。

 ところが、これは全くの誤報だった。沖縄タイムスは「隊長」ではなく、「日本軍の中尉」であったとの訂正記事を、七月二十一日付朝刊と、同二十四日付朝刊の二度にわたって掲載した。朝日新聞も掲載後にミスに気付き、十月三日付社説の後ろに「訂正」を掲載。しかし四日午前の段階で朝日新聞ホームページに掲載されている社説はいまだ訂正前のまま。

 これを朝日新聞広報部に問い合わせすると、「紙面で訂正を入れたものは、早急にホームページでも直すのが原則。見落としがあったのだろうが、すぐに直す」と語った。四日午後には同ホームページの社説も修正された。

 日本軍隊長による自決命令があった、と最初に書いたのは、沖縄タイムス編の『鉄の暴風』であり、この初版は昭和二十五年に朝日新聞社から発行されている。こうした経緯もあり、沖縄タイムスも朝日新聞も、自決命令の立証に熱心だ。だが、命令を出したとされる元隊長は今も存命であり、人権への配慮を欠くものと言わざるを得ない。
 ↑ここまで

« 潘基文国連事務総長が、国連の主要なポストに韓国人を起用! 国連を私物化するな | Main | ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16840066

Listed below are links to weblogs that reference 沖縄戦と教科書検定問題の要点:

« 潘基文国連事務総長が、国連の主要なポストに韓国人を起用! 国連を私物化するな | Main | ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 »