September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 安倍内閣を「右派政権」と書く朝日、非常に腹立たしい社説 | Main | 戦前の郵貯返せと提訴する朝鮮人 »

September 25, 2007

死刑執行は「自動的に」 鳩山法相を見直した

 読売新聞のページに「死刑執行は『自動的に』鳩山法相が退任会見で見直し提案」という記事がある。法相は以前、日本をアメリカのような訴訟社会にしてはいけないと語るなど、正論を主張している。正直言って見直した。兄とは大違いだ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 鳩山法相は25日、内閣総辞職後の記者会見で、死刑執行の現状について「法相によっては、自らの気持ちや信条、宗教的な理由で執行をしないという人も存在する。法改正が必要かもしれないが、法相が絡まなくても自動的に執行が進むような方法があればと思うことがある」と述べ、法相が死刑執行命令書にサインする現行制度の見直しを提案した。
Click here to find out more!

 鳩山法相はさらに、「死刑判決の確定から6か月以内に執行しなければならない」という刑事訴訟法の規定について、「法律通り守られるべきだ」との見解を示し、執行の順番の決め方についても、「ベルトコンベヤーと言ってはいけないが、(死刑確定の)順番通りにするか、乱数表にするか、そうした客観性がある何か(が必要)」と述べた。

 そのうえで、誰を執行するのかを法相が最終的に決めるやり方では、「(法相が)精神的苦痛を感じないでもない」と言及。冤罪(えんざい)などを防ぐための慎重な執行が求められるという指摘については、「我が国は非常に近代的な司法制度を備え、三審制をとり、絶対的な信頼を置いているわけだから、(法相が執行対象者を)選ぶという行為はあってはならない」と語った。
 ↑ここまで

« 安倍内閣を「右派政権」と書く朝日、非常に腹立たしい社説 | Main | 戦前の郵貯返せと提訴する朝鮮人 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16568563

Listed below are links to weblogs that reference 死刑執行は「自動的に」 鳩山法相を見直した:

« 安倍内閣を「右派政権」と書く朝日、非常に腹立たしい社説 | Main | 戦前の郵貯返せと提訴する朝鮮人 »