September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「金太の大冒険」をTVで放送!? | Main | 民団滋賀本部が県議会に参政権を要求 民主党が「可決に向け努力」! 断固反対だ!! »

September 21, 2007

女子W杯で日本にブーイング 開催国の資格無しだ、中国

 産経新聞のページに「日本チームの『謝謝』めぐり中国で論争」という記事がある。日本チームは「ドイツサポーターを装った圧倒的多数の中国人観客からブーイングを浴び」て敗れたが、試合後、観客に「『謝謝』(シエシエ)と中国への感謝を表した横断幕を掲げた」という。

 日本は毅然と抗議すべきだが、甘すぎ。04年のアジアカップで、日本勝利に中国が暴動を起こしたのを忘れたかのようだ。ずっと前だが、ソウルオリンピックでも日本はブーイングの嵐で判定も反日本寄りであったと記憶している。特亜には厳しく当たらないとつけあがられるだけである。それは歴史が証明しているではないか。

 ただ、日本の行為に対して感動した中国人もいるようで、その辺りが朝鮮とは異なるところだ。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 日本の女子サッカーチームが中国で観客からブーイングを受けたにもかかわらず、試合後に「謝謝」(シエシエ)と中国への感謝を表した横断幕を掲げたことに対し、同国内では「勇気に感動した。見習うべきだ」と称賛する声と「過去の侵略を認めない日本の宣伝活動に感動するなど中国の恥だ」と反発する声が交錯、メディアも巻き込んだ論争に発展している。

 日本チームが横断幕を掲げたのは、17日に杭州で行われた女子ワールドカップ(W杯)の対ドイツ戦。ドイツサポーターを装った圧倒的多数の中国人観客からブーイングを浴びる中、0-2で敗れたが、選手は試合後に観客席前で整列。「ARIGATO 謝謝 CHINA」と書かれた横断幕を広げ、深々とおじぎした。

 翌18日、四川省の成都商報(電子版)が写真付きで伝えると、話題は全国に飛び火し、主要サイトには「最大の敗者は日本選手でなく(マナーの悪い)観客だ」(中国網)と反省を促す書き込みが。しかし「日本に手心を加えるな」「ブーイングは当然」との反論も相次ぎ、一部ではののしり合いも起きている。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 「金太の大冒険」をTVで放送!? | Main | 民団滋賀本部が県議会に参政権を要求 民主党が「可決に向け努力」! 断固反対だ!! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16526488

Listed below are links to weblogs that reference 女子W杯で日本にブーイング 開催国の資格無しだ、中国:

« 「金太の大冒険」をTVで放送!? | Main | 民団滋賀本部が県議会に参政権を要求 民主党が「可決に向け努力」! 断固反対だ!! »