September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 容疑者の髪形「アッコ風」で構わない | Main | やっぱり福田では困る »

September 16, 2007

朝日新聞の「福田VS.麻生―これだけは聞きたい」って本質ではない

 朝日新聞の16日社説は「福田VS.麻生―これだけは聞きたい」だ。朝日が聞きたいのは次の通りだ。面倒なので項目を列挙する。

 ・政権放り出しの責任は
 ・民意の審判をいつ受ける
 ・「3分の2」を使うのか
 ・「政治とカネ」をどうする

 極端な言い方をすると、どれもどうでもよいことばかりだ。日本の安全保障や、国際協力、憲法改正、教育、拉致問題、等々。もっと聞きたいことは幾らでもある。

 政権放り出しというが、あれだけ朝日新聞を筆頭に攻撃され世論を傾けられたら、幾ら実績を挙げていても政権を放り出したくなるだろう。責任の一端は朝日新聞にある。どうせ安倍首相が辞任してもしなくても、朝日が文句を言うのは自明だ。この1年、朝日の安倍内閣攻撃は、ジャーナリズムの汚点として歴史に残るだろう。

 民意の審判については、自民党が惨敗したのは参議院選挙であるから、政権交代を問う選挙ではない。それにそのように世論を誘導したのは朝日などのマスコミである。

 「3分の2を使うか」というのは、憲法に明記されているので、何ら使っても問題は無い。民意云々は関係ない。朝日は都合の悪いことについては、平気で憲法を無視している。

 政治とカネについては、自民党だけの問題ではない。民主党の小沢代表も同じである。なぜ自民党と同様に追求しないのか。朝日は社説で「小沢氏は説明しようとした」などと誤魔化している。とんでもない話だ。

 もう、不偏不党などどこかにいってしまったかのようだ。

 マスコミが民意を誘導し、政治を誤らせる。戦前と同じではないか。朝日などは軍部の圧力で正しい報道ができなかったというが嘘である。率先して戦意高揚の記事を載せていたというのが事実だ。そして戦後はGHQの報道規制に安易に屈した。この反省が何も無いまま現在に至っている。だから誤報、虚報、偏向報道をしても平気なのだ。騙されてはいけない。

人気blogランキングへ→banner_01

« 容疑者の髪形「アッコ風」で構わない | Main | やっぱり福田では困る »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16469663

Listed below are links to weblogs that reference 朝日新聞の「福田VS.麻生―これだけは聞きたい」って本質ではない:

» ついに成功した朝日の”安倍つぶし” [屋根の上のミケ]
html font size=5ついに成功した朝日の”安倍つぶし”/b/font font size=3  今回の安倍首相の辞任について考えていた時、ふとあの事件を思い出しました。  あの事件とは、2005年に朝日新聞が安倍晋三氏と中川(酒)氏が、「天皇の戦争犯罪を追求する女性戦犯法廷」のNHK報道を事前検閲して介入したと新聞一面をつぶして2氏を告発した虚偽..... [Read More]

» 安倍首相、ご苦労様でした!! [屋根の上のミケ]
html font size=5安倍首相、ご苦労様でした!!/b/font font size=3 安倍首相が、突然の辞任を表明されました。野党とマスコミの攻撃に耐え切れなかったのでしょう。 安倍首相は、戦後レジームからの脱却を唱え、教育基本法改正、国民投票法成立、等々、大きな成果を挙げてきました。しかし、公務員制度改革に着手したとたん、キャリアからノンキャ..... [Read More]

« 容疑者の髪形「アッコ風」で構わない | Main | やっぱり福田では困る »