September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 星野仙一氏の言葉を聞け! | Main | 盗作は韓国音楽界のトレンド »

September 20, 2007

謝意決議を安保理採択

 読売新聞のページに「多国籍軍のアフガンへの海上阻止、謝意決議を安保理採択」という記事がある。抜粋する。

 ↓ここから
 国連安全保障理事会は19日午後(日本時間20日午前)、アフガニスタンに展開する国際治安支援部隊(ISAF)の任務を1年間延長し、日本の海上自衛隊がインド洋で参加する多国籍軍の海上阻止行動への謝意を初めて明記した決議案を賛成14、棄権1(ロシア)で採択した。

 海自派遣の根拠となるテロ対策特別措置法の11月1日の期限切れが迫るなか、決議の前文に示された「謝意」の解釈をめぐり、日本国内の論議はいっそう高まりそうだ。

 決議は前文で米、英、日本などの有志連合によるテロ制圧のための「不朽の自由作戦(OEF)」に触れ、「ISAF及び、海上阻止部門を含むOEFに対する多くの国の貢献に謝意を表明する」としている。また、ISAFとOEFの協力継続の必要性も強調している。

 決議の本文は、10月半ばに期限切れとなるISAFの任務の1年間延長を定めている。2001年のISAF派遣決議以降、安保理は毎年、同じ内容の任務延長決議を採択してきたが、海上阻止行動への言及は今回が初めて。

 米国のハリルザド国連大使は記者団に「関心を持つ安保理理事国は、海上阻止行動への貢献をめぐる日本国内の論議に留意した」と指摘。「これは安保理が活動の重要性を強調し、日本の重要な貢献への謝意を示す機会だ」と述べ、日本への配慮を明確に認めた。

 日本政府は、民主党が海自の多国籍軍船舶への給油活動を「国連決議に基づかない」として反対していることから、活動の重要性が決議で示されるよう、米国などに働きかけていた。
 ↑ここまで

 国連決議に基づかないから断固反対、という民主党の姿勢は、社会党のいう1国平和主義と同じではないか。日本だけが何もしなくて構わないのか。自分達の手を汚さずに金だけ出して済ます。これでは嫌われるのは自明であり、現にイラク戦争時にはそう判断されてしまった。

 実際、自衛隊の給油活動は、以下の国に対して行われてきた。これを国際協力と言わずして何というのか。反対する理由はない(仮にあったとしても日本国内でしか通用しない)。

 アメリカ、イギリス、イタリア、オランダ、カナダ、ギリシア、スペイン、ドイツ、ニュージーランド、パキスタン、フランス

 また、自衛隊をインド洋に派遣する根拠となっている「テロ特措法」の正式名称は次の通り。

 平成十三年九月十一日のアメリカ合衆国において発生したテロリストによる攻撃等に対応して行われる国際連合憲章の目的達成のための諸外国の活動に対して我が国が実施する措置及び関連する国際連合決議等に基づく人道的措置に関する特別措置法

 国連を無視している訳でも何でもないのだ。

 民主党は何故反対するのかその理由を明らかにすべきだ。単に与党を攻撃するためか。であれば、そのために国際的な信用を失っては困る。また、自衛隊を派遣したら戦争が起こるというのか。それでは社会党と同じだ。

 わしは、いずれ民主党は社会党と同じ運命をたどると思っている。今は土井たか子の「山が動いた」状態にすぎないと思う。

 それにしても、民主党は衆院選での自民党大勝後の国会運営は「数による横暴」だと言い、参院選での民主党大勝については「民意を尊重せよ」と言う。どちらも民意ではないか。多くのマスコミも民主党の意見に沿った報道をしている。日本は落ちつづけるしかないのか。

« 星野仙一氏の言葉を聞け! | Main | 盗作は韓国音楽界のトレンド »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16510687

Listed below are links to weblogs that reference 謝意決議を安保理採択:

« 星野仙一氏の言葉を聞け! | Main | 盗作は韓国音楽界のトレンド »