September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 首相辞任表明についての各紙社説 | Main | ソフトバンクの無償ホームアンテナの電源を切ると電波法違反 1年以下の懲役または100万円以下の罰金! »

September 14, 2007

自民党総裁選について 朝日の社説は鉄面皮

 自民党総裁選では、福田康夫元官房長官が有利という話が出ている。困ったことだ。また特定アジアに対して謝罪外交が復活するのか。拉致問題解決も遠のいてしまうのではないか。

 さて、朝日新聞の14日の社説は「自民総裁選―次はこんな資質の人を」だ。読んでいて腹が立ってくる。世論を誘導して民主主義をゆがめている張本人が朝日新聞である。何を偉そうなことを言っているのかという感じだ。数箇所抜粋する。

 ↓ここから
 首相は内政から外交、国の安全、スキャンダル対応などありとあらゆるボールを打ち返さなければならない。いたずらにキャリアを重ねればいいわけではないが、豊富な経験がものをいうのは間違いない。議会制民主主義の道理をわきまえることも必要だ。
 ↑ここまで

 外交(北朝鮮への経済制裁、強行姿勢)や国の安全(給油活動などテロとの戦い)については成果をあげてきたのではないか。また教育再生、教育基本法の改正、憲法改正のための国民投票法など、歴代内閣が手をつけられなかったことも実現できた。だからこそ「戦後レジーム」の権化どもが必死になって安倍内閣を潰しにかかったのだろう。

 後継内閣は「戦後レジーム」からの脱却を継続するのが望ましいのだが...。

 朝日は「スキャンダル対応などありとあらゆるボールを打ち返さなければならない」と他人事のように書くが、ボールを投げつづけていたのは朝日新聞ではないか。民主党には投げずに。よくこんなことが書けるものだ。恥知らずめ。また朝日は、安倍首相には「豊富な経験」がない、「議会制民主主義の道理をわきまえてい」ない、と間接的に言っている。これはもう誹謗中傷ではないのか。客観的・中立な報道はどうした。確か朝日新聞は安倍首相に名指しで批判されたことがあった。その仕返しなのだろう。

 ↓ここから
 国を率いるには強い指導力が肝心だが、「われこそが正しい」と思い詰める偏狭さは国を誤らせかねない。国内にも外国にもさまざまな意見、価値観、感情があることを理解して初めて、説得力が生まれる。
 ↑ここまで

 「われこそが正しいと思い詰める偏狭さ」を持つのは朝日新聞自身である。偏狭な朝日新聞などのマスコミの報道により、偏った世論が形成され、その結果として国を誤らせかねない。今正にその危険に直面していると思う。

 「国内にも外国にもさまざまな意見、価値観、感情がある」のは当然である。にもかかわらず、中国や朝鮮の意見ばかりに目を向けているのが朝日新聞である。理解しないといけないのは朝日新聞の方である。よくこれだけ自分の都合にあわせた意見が書けるものだ。

 ↓ここから
 人々に親しまれる大衆性はいいが、品格を失えば国民としては恥ずかしい。
 ↑ここまで

 朝日にも「国民」という意識があるのか。都合のよいときだけ使うのか。

 出鱈目や推測を根拠にして社説を書いたり、ひたすら自民党を攻撃したり、公安が監視している左翼団体を市民団体として報道したりする朝日。品格を失えば国民としては非常に恥ずかしい。

 読売新聞の同日の社説は「自民党総裁選 政策と資質を見極めるべきだ」で、朝日のように感情的ではなく、安倍内閣の実績や出来なかった事を挙げ、次期総裁が何をすべきかを説いている。「品格」の違いは明白だ。読売の社説から抜粋する。

 ↓ここから
 安倍内閣は、これまで数多くの課題に取り組んできた。

 外交では首相が就任早々、中国を訪問し、小泉政権の下で冷え込んでいた日中関係を改善した。教育基本法を制定以来初めて改正し、憲法改正の手続きを定めた国民投票法を成立させた。

 ただ、有識者らによる集団的自衛権の類型研究や、教育再生に向けた具体的な政策展開はなお道半ばである。

 その一方で、危機的な財政の再建や、消費税率引き上げ問題を含む税制改革、北朝鮮の核廃棄と拉致問題の解決など、重要な政策課題は、いずれも、はかばかしい進展をみせなかった。

 総裁選で各候補者は、安倍政権の政策の何を継承し、何を修正・転換するのか。そのうえで、「首相」として独自に取り組もうとする政策目標は何なのか。これらを、それぞれはっきりと打ち出し、政策論争を深めてもらいたい。
 ↑ここまで

« 首相辞任表明についての各紙社説 | Main | ソフトバンクの無償ホームアンテナの電源を切ると電波法違反 1年以下の懲役または100万円以下の罰金! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16443509

Listed below are links to weblogs that reference 自民党総裁選について 朝日の社説は鉄面皮:

» 安倍内閣に対して恵評価すべきことは評価すべき [氷河期世代からの主張]
安倍内閣が総辞職、歴代7番目の短期政権 9月25日11時2分配信 読売新聞  安倍内閣は25日午前の閣議で総辞職した。  入院中だった安倍首相も医師の外出許可を得て出席し、「体力の限界を感じるに至った。年金や教育、都市と地方の格差、テロとの戦いなど、内外に山積する課題を前に去ることは断腸の思いだ」と述べ、最後に17人の閣僚全員と握手をした。  首相は「1年間という短い期間で、教育基本法改正、憲法改正のための国民投票法の制定、防衛庁の省移行など、戦後の政権がなし得なかった改革を成し遂げた」との... [Read More]

« 首相辞任表明についての各紙社説 | Main | ソフトバンクの無償ホームアンテナの電源を切ると電波法違反 1年以下の懲役または100万円以下の罰金! »