September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「同和とアイヌ 人権でない」と歪曲する南日本新聞 | Main | あっ超ー »

September 04, 2007

母子殺害事件弁護人への懲戒処分請求が全国で3900件!

 毎日新聞のページに「光・母子殺害:弁護人への懲戒処分請求、全国で3900件」という記事がある。少し前に「光市母子殺害事件で『21人の弁護士に懲戒請求を求める』」って書いたけど、かなりの件数になっている。去年の総請求件数の約3倍だという。これだけの懲戒処分請求があるのだから、実際に懲戒処分をしないと、日弁連の信用はガタオチになるぞ。

 常識からかけ離れた理由を並べて弁護するのが間違いなのだ。しかもこの弁護団は、上告審の口頭弁論を全員が欠席して弁論が翌月に遅延したという問題を起こしている。それだけでも懲戒請求に値するのではないか。

 ↓ここから
山口県光市で99年4月に起きた母子殺害事件で殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた当時18歳の元少年(26)の弁護人に対し、懲戒処分を求める請求が、全国で少なくとも3900件出されていることが分かった。06年の全国の請求総数約1300件の3倍に上る。

 広島高裁での差し戻し審では、死刑に反対する全国10弁護士会の22人が弁護団を編成。「母に対する人恋しさに起因する母胎回帰」と殺害の背景を主張するなど、強姦目的や殺意を否認している。日弁連などによると、この事件の弁護人らが所属する弁護士会への懲戒請求が激増したのは今年5月末ごろ。橋下(はしもと)徹弁護士(38)がバラエティー番組で懲戒請求を促すような発言をした時期と一致する。橋下弁護士は個人ブログで「弁護士というのはこんなふざけた主張をするものなんだと印象付けた今回の活動は、完全に懲戒事由にあたる」と持論を展開している。

 日弁連や各地の弁護士会は、刑事弁護に理解を求める声明を出したが、既に調査を始めたものだけで請求は3900件(3日正午現在)に達した。「裁判の遅延」を批判する内容が多いという。日弁連は「請求の是非についてコメントは控えるが、異常な数字だ」としている。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 「同和とアイヌ 人権でない」と歪曲する南日本新聞 | Main | あっ超ー »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16344981

Listed below are links to weblogs that reference 母子殺害事件弁護人への懲戒処分請求が全国で3900件!:

« 「同和とアイヌ 人権でない」と歪曲する南日本新聞 | Main | あっ超ー »