September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 平成攘夷論 | Main | 「ゆとり教育」転換に賛成する »

September 01, 2007

韓国人解放の裏にはやはり「巨額の身代金」あり!

 読売新聞のページに「韓国人解放、アフガン側仲介者『巨額の身代金支払われた』」という記事がある。仲介者の証言だが信憑性がある。朝鮮民族のことしか考えない身勝手な行動により、結果的にタリバンを援助し、外国人拉致の危険性を増大させたことになる。韓国のやりそうな事である。事実が明らかになれば国際的信用を失うのは間違いない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
アフガニスタンの韓国人人質事件で、韓国政府側と旧支配勢力タリバンとの交渉に立ち会った複数のアフガン側仲介者は1日、本紙に対し、「人質全員の解放の対価として、巨額の身代金が支払われた」と明らかにした。

 また、タリバン幹部は同日、ロイター通信に対し、「(韓国政府から)2000万ドル(約23億円)以上を受け取った」と語った。韓国政府は身代金受け渡しについて、一貫して否定している。

 本紙の取材に応じたアフガン側仲介役は、「身代金の額は不明だが、巨額の金が渡った、との情報をタリバン側から聞いた」としている。身代金の額をめぐっては、ロイター通信の報道以外にも、「19人で計250万ドル(約2億8750万円)」「1人当たり50万ドル(約5750万円)」など諸説が飛び交っている。

 また、別の仲介者は、韓国側とタリバン側との公表された対面交渉以外にも、「両者によるごく少人数の秘密交渉や電話会談で身代金交渉が進められ、金の受け渡しも、(第三国など)別の場所で行われた可能性が高い」と指摘している。

 1日付の韓国紙などは、人質事件の解決にあたり、韓国国家情報院幹部が極秘でアフガン入りし、交渉の陣頭指揮を取っていたと報じている。

 タリバンなどの武装勢力は、これまでにも外国人を拉致した際、外国軍撤退などを条件にしながら、最終的に身代金で解決した例がある。

 タリバン幹部はロイター通信に対し、「(韓国政府から得た)身代金は武器購入や自爆テロに使う」と話しており、アフガン政府高官は「タリバンのシンパを金で引きつけ、国内での勢力拡大を続ける手段として、身代金目的の外国人拉致を今後も続けるだろう」と懸念を表明した。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 平成攘夷論 | Main | 「ゆとり教育」転換に賛成する »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16311101

Listed below are links to weblogs that reference 韓国人解放の裏にはやはり「巨額の身代金」あり!:

« 平成攘夷論 | Main | 「ゆとり教育」転換に賛成する »