September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 安倍首相がインド国会で演説 | Main | 死刑執行 当然でしょ! »

August 23, 2007

安倍首相「パール判事長男と面会」の意義

 産経新聞のページに「安倍首相、パール判事長男と面会 業績たたえる」という記事がある。抜粋する。

 ↓ここから
 インド訪問中の安倍晋三首相は23日午前(日本時間同日午後)、コルカタ市内のホテルで、極東国際軍事裁判(東京裁判)で判事を務めた故パール判事の長男、プロシャント・パール氏と面会し、東京裁判で被告全員の無罪を主張したパール判事の業績をたたえた。

 パール判事は東京裁判に対する意見書で、戦勝国が事後法により敗戦国を裁くことに疑問を提起し、原爆投下を批判した人物。首相は冒頭、「お父さまは今でも多くの日本人の尊敬を集めている。日印関係の基礎を築かれた一人だ。パール判事のご遺志は日印関係を発展させることだったと思う。今日、日印関係は大変強化されている」と語りかけた。
 ↑ここまで

 面会の主目的は日印友好の一環であろうが、戦時中は独立していなかったり、サンフランシスコ平和条約に調印していないのに、「A級戦犯」云々で文句をつけてくる国に対する反論ではなかったか。産経新聞の記事にも、次のようにある。

 ↓ここから
 安倍首相は、東京裁判で有罪判決を受けたいわゆる「A級戦犯」について、国会答弁で「国内法的に、戦争犯罪人ではない」と明言している。首相には今回の面会を通じ、A級戦犯の合祀(ごうし)を理由に首相の靖国神社参拝を批判する中国とはまったく異なるインドの対応を際立たせることで、アジアには多様な歴史認識が存在することを浮き彫りにする狙いもあった。
 ↑ここまで

 そして首相は「先の大戦で日本とともに戦った「インド独立の英雄」であるチャンドラ・ボースの記念館なども視察した」という。矢張り首相の歴史認識は間違っていなかった。国内でも行動で示すべきではないか。

 朝日新聞のページにも「首相、東京裁判のパル判事の長男と面会」という記事がある。が、次のようなことを書く。

 「同行筋によると、東京裁判をめぐるやりとりはなかったという」。
 「東京裁判について、首相は昨年10月の衆院本会議で『我が国は裁判を受諾しており異議を述べる立場にない』と答弁。ただ、かつて裁判のあり方に疑問を唱える立場を取っていたため、今回の面会が注目されていた」。

 朝日はさぞや安心したことだろう。

 「22日のインド国会での演説では『極東国際軍事裁判で気高い勇気を示されたパル判事は、たくさんの日本人から今も変わらぬ尊敬を集めている』と評価。ただ、日本政府関係者は『判事は戦中の日本軍の行為は厳しく批判している』として、今回の面会が東京裁判に疑念を示したり否定したりすることにつながるものではないと強調している」。

 わざわざ東京裁判の否定ではないと書くんだな。そうしないと朝日自身の存立基盤がなくなってしまうから。もちろん「多様な歴史観」などとは死んでも書かないだろう。売国新聞め。

« 安倍首相がインド国会で演説 | Main | 死刑執行 当然でしょ! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16216905

Listed below are links to weblogs that reference 安倍首相「パール判事長男と面会」の意義:

« 安倍首相がインド国会で演説 | Main | 死刑執行 当然でしょ! »