September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 朝日「靖国参拝―静かな夏に見る変化」 誰が騒いで外交問題にしたのか! | Main | パル判事の主張を「つまみ食い」しているのは朝日の方ではないか »

August 16, 2007

韓国は「日帝支配」史観から脱却できるのか?

 産経新聞のページに「東亜日報、『日本統治時代、韓国は近代化』 多角的に見直す論評」という記事がある。東亜日報が「日本統治時代の歴史を多角的に見直す必要性を強調する論評を掲載した」という。日本語版のページを探したが残念ながら見当たらなかった。

 韓国は「反日」を国是として精神的にも経済的にも生き延びてきた国だ。その国が「日帝支配」の歴史を見直すことができるのか。非常に疑問だ。論評では「日帝支配」時代に、韓国の人口が増加したり経済が成長したという事実を挙げているという。客観的に見れば以前からわかっていたことだ。韓国では「若手の学者、研究者を中心に近年、歴史を多様、多角的に見ようという動きが出ている」らしい。事実であれば歓迎すべきことだ。そうすれば真の友好関係が築けるかもしれない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 「日帝時代は暗鬱(あんうつ)な時代ではなく、資本主義が根を下ろし、すべてが新しく始められるダイナミックな時期だった」-韓国が「日帝時代」と称される日本支配から解放された記念日の15日、韓国の有力紙・東亜日報が最近の韓国の学者のこんな主張を紹介しながら、日本統治時代の歴史を多角的に見直す必要性を強調する論評を掲載した。

 「日帝時代の再構成」と題するこの論評は洪賛植論説委員の手になる。「学界の日帝時代研究が新しい段階に入りつつある」とし、韓国で「植民地近代化論」として活発な1930年代研究などを紹介するとともに、解放記念日である「8・15光復節」は「日本に対する怒りを噴出し、過去を“他人のせい”にして終わるのではなく、歴史から教訓と知恵を学び、再び国を奪われないよう省察の日にしなければならない」と、日本非難より反省を強調している。

 論評は最近、学者、研究者の間で従来の「収奪論」に対抗し「近代化論」の成果が相次いで発表されているとし、たとえば日本統治時代の1910~45年の経済指標の分析から「年平均の経済成長率3.7%は当時の先進国の1%より高く、人口も1633万人(10年)から2430万人(40年)に増えるなど(従来の貧困説とは逆に)経済事情はよかったという証拠が出され、収奪論で過去を認識してきた人びとを当惑させている」と指摘している。

 また20~30年代の韓国(朝鮮)の新聞、雑誌の調査、分析から、韓国に近代文明が導入され韓国人が近代化、都市化によって変化する様子を調べ「日帝時代は必ずしも暗くなかった」とする学者の研究成果も紹介した。

 論評は「歴史の真実はおそらく“収奪論”と“植民地近代化論”の間のどこかに位置するのだろうが、最近の(両者の)論争はわれわれが忘れたがっている歴史に対する関心を取り戻すのに意味がある」としている。

 韓国ではメディアや政治・外交が依然、慰安婦問題や抗日独立運動などを素材に“暗黒の日帝時代”を強調している半面、若手の学者、研究者を中心に近年、歴史を多様、多角的に見ようという動きが出ている。
 ↑ここまで

« 朝日「靖国参拝―静かな夏に見る変化」 誰が騒いで外交問題にしたのか! | Main | パル判事の主張を「つまみ食い」しているのは朝日の方ではないか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16132940

Listed below are links to weblogs that reference 韓国は「日帝支配」史観から脱却できるのか?:

« 朝日「靖国参拝―静かな夏に見る変化」 誰が騒いで外交問題にしたのか! | Main | パル判事の主張を「つまみ食い」しているのは朝日の方ではないか »