September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 布教に来た異教徒が拉致されても不用意としかいえないのでは | Main | 警官発砲で死亡の中国人は、在留期限切れだった »

August 31, 2007

積水ハウス差別発言訴訟で和解 最後まで争って欲しかった

 産経新聞のページに「積水ハウス差別発言訴訟、顧客が謝罪し和解 大阪地裁」という記事がある。和解により事実関係が不明なままになってしまった。しかも顧客側の謝罪により「差別」したという結論になってしまっている。非常に残念だ。仕事の進め方に問題は無かったのだろうか。強引に進めた結果、「北朝鮮にいくら金を送っているんだ」という発言が出たという推測も成り立つ。当時そういう話もネットで騒がれていたと記憶している。

 少なくとも日本に住んで日本企業で仕事をしていながら、名詞にハングル文字で本名を併記するようなことは、日本社会になじまない。しかもここ数年、南北朝鮮や在日が、捏造や根拠無き嘘をついて日本を攻撃することで利益を得てきたことが公けになってきた。言い争いになったら、その位のことは言われても仕方が無かろう。差別ではなく、嫌われているのだから。

 丁度先日発売された「マンガ嫌韓流3」でも採り上げられているので読んで欲しい。

 わし自身、過去に3回書いている。「社員が顧客の言葉に「提訴」とは」、「積水ハウスの人権問題への取組み」、「在日による顧客提訴 積水ハウスも被害者なのか?」だ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 布教に来た異教徒が拉致されても不用意としかいえないのでは | Main | 警官発砲で死亡の中国人は、在留期限切れだった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16297707

Listed below are links to weblogs that reference 積水ハウス差別発言訴訟で和解 最後まで争って欲しかった:

« 布教に来た異教徒が拉致されても不用意としかいえないのでは | Main | 警官発砲で死亡の中国人は、在留期限切れだった »