September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« NHKが「毒ガス」反日番組を放送する予定! | Main | 積水ハウス差別発言訴訟で和解 最後まで争って欲しかった »

August 31, 2007

布教に来た異教徒が拉致されても不用意としかいえないのでは

 朝鮮日報のページに「アフガン拉致:センムル教会への批判相次ぐ」という記事がある。タリバンに拉致された韓国人はボランティアではなく「布教」のためにアフガンに行ったという。大多数がイスラム教徒の地で、異教を布教したら迫害されても当然だ。拉致されたのは自業自得ではないだろうか。

 もし日本の寺や神社で外国人がキリスト教を布教していたとしたら、宗教心に乏しいわしでも怒りを覚える。まして信者なら尚更だろう。だが日本は多神教だからまだよい。一神教であるイスラム教なら、殺し合いになっても仕方が無い。キリスト教とイスラム教の2神が並立することなどありえないからだ。

 記事によると無理な布教活動を行なった結果拉致されたのに、その後は布教をボランティアと言い換えるのに必死であったようだ。都合の悪い事は何でもごまかす民族性なのだろう。これでは犠牲者に対する追悼の気持ちも薄まってしまう。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 信者らをアフガニスタンへ派遣した京畿道城南市のセンムル教会が、今回の韓国人人質事件に対し全面的な責任を負うべきだ、という批判を受けている。

 センムル教会は、外交部の自制要請を無視して信者らを戦地へ派遣したが、これを家族には知らせていなかった。「布教」を「ボランティア」と言い逃れるのにあくせくするばかりで、無理な布教活動に対する反省の様子があまり見られない、という指摘もある。

 外交部は今年2月5日に、「旧支配勢力タリバンが、収監中のタリバン兵釈放に向け韓国人拉致計画を立てたため、旅行は自制してほしい」という公文書を韓民族福祉財団に発送した。しかし、センムル教会はそれをまったく無視し、4月1日までアフガニスタンでの短期布教希望者を募った。若者たちを死地へと追い立てた、という非難を逃れられない事情がここにある。

 20人の希望者は、3カ月間にわたり毎週1-2回集まって、現地の言葉を学んだり、医療・教育ボランティアを通じた布教の準備をしたりした。

 しかし同教会は、拉致の可能性や危険な状況に備えた事前準備をまったく行っていなかった。むしろ、拉致の標的になりやすい「貸し切りバス」の利用を決めるなど、危険に満ちた方向へと彼らを導いた。

 事件発生後にも、同教会は「反省」より「事実の隠ぺい」に懸命だった。メディアには、拉致被害者の命にかかわるとして「布教」ではなく「ボランティア」という言葉を使うよう求めた。また、「礼拝」「教会」「牧師」など宗教的な単語が報道されることを避けるため、先月23日には同教会にあった韓国人拉致被害者家族会事務所を韓民族福祉財団へと移した。その後、財団側からの抗議が相次ぐや、再び同教会へと事務所を移動、教会が入っている建物の名称である「盆唐タウン」を使用するよう依頼した。

 しかしその一方で、パク・ウンジョ牧師(55)は礼拝中に危うい説教を連発した。

 パク牧師は12日の説教で、「わが聖徒たちが拉致されたことは、ひょっとしたら神の啓示かもしれない。アフガニスタンの地にまかれた聖徒らの血は決して無駄ではなく、いつの日か福音の実を結ぶだろう」と述べた。この内容は、あるキリスト教系の電子新聞を通じて報じられた。
 ↑ここまで

« NHKが「毒ガス」反日番組を放送する予定! | Main | 積水ハウス差別発言訴訟で和解 最後まで争って欲しかった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16296029

Listed below are links to weblogs that reference 布教に来た異教徒が拉致されても不用意としかいえないのでは:

« NHKが「毒ガス」反日番組を放送する予定! | Main | 積水ハウス差別発言訴訟で和解 最後まで争って欲しかった »