September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国が太平洋の東西分割を提案! | Main | 安倍首相がインド国会で演説 »

August 22, 2007

心筋梗塞が心配だ

 読売新聞のページに「若い時やせていた男性、10キロ太ると心筋梗塞発症率2倍」という記事がある。わしの場合、8キロ太ってしまった。10キロには至っていないが時間の問題かもしれない。心筋梗塞が心配だ。

 なお、わしの20歳のころのBMIは20.2、今では23.1だ。まあ痩せ型から標準になったといえばそれまでだが。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 20歳のころにやせていた男性が10キロ以上太ると、心筋梗塞(こうそく)などの虚血性心疾患の発症率は、体重の変化が少なかった人に比べ、約2倍になることが、厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査でわかった。

 調査対象は、全国40~69歳の男女約9万人。調査開始時点での身長と体重、20歳のころの体重をもとに、10年間の追跡調査を実施、体重を身長の2乗で割った体格指数(BMI)と虚血性心疾患との関連を調べた。

 期間中に発症した人は518人。男性の20歳の時のBMIが21・7未満とやせ気味だった人が、その後に10キロ以上太った場合、体重の変化が5キロ以内だった場合に比べ、虚血性心疾患を2倍発症しやすくなった。

 また、BMI30以上の肥満の男性は、BMIが標準(23以上25未満)のグループに比べて約1・8倍、虚血性心疾患を発症しやすいことも分かった。

 欧米では肥満と虚血性心疾患との関連は明らかだが、肥満が少ない日本では、まだはっきりしていない。

 研究を担当した磯博康・大阪大教授(公衆衛生学)は「日本の男性も欧米人と同様、肥満で虚血性心疾患を発症しやすくなることが分かった。特に20歳の時にやせていた人は、中年期の肥満に気をつけたほうがいい」と話している。
 ↑ここまで

« 中国が太平洋の東西分割を提案! | Main | 安倍首相がインド国会で演説 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16203308

Listed below are links to weblogs that reference 心筋梗塞が心配だ:

» 心筋梗塞・メタボでリスク10倍以上 [時事問題と医療問題のアナライザー]
近年の食生活の欧米化や高齢化に伴い、増加し続けているのが心筋梗塞です。心筋梗塞は心筋(心臓の筋肉)に血液を供給し、栄養を与える役割を果たす冠動脈が閉塞し、心筋の壊死が生じることで起こります。 冠動脈の閉塞は、動脈硬化によってできた動脈壁のプラーク(コレステロールなどが集まってできた病巣)が壊れ、その部分に血栓ができることが原因です。 動脈硬化は、年齢とともに徐々に進行しますが、高血圧症や糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙などいわゆる冠危険因子があると悪化が早まります。 これらの因子...... [Read More]

« 中国が太平洋の東西分割を提案! | Main | 安倍首相がインド国会で演説 »