September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 日露戦争物語 第二十二巻 | Main | ひらがなで読むお経 »

August 09, 2007

非核三原則の法制化!? まだ寝ぼけてるのか!

 朝日新聞のページに「長崎平和宣言、核兵器容認論に危機感 被爆から62年」という記事がある。長崎市長は何と、非核三原則の法制化を訴えたという。広島市長は北朝鮮の核に一切言及しなかったし(日本共産党のように共産国の核は防衛用なので構わないというのか)、現実を見ていない。ボケているとしかいいようが無い。こんなのに政治を任せて大丈夫なのか。記事から抜粋する。

 ↓ここから
 長崎は9日、被爆から62年を迎えた。長崎市松山町の平和公園では午前10時40分から、長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典が開かれ、被爆者や遺族ら5500人が参列。原爆が投下された午前11時2分、犠牲者を悼んで黙祷(もくとう)をささげた。4月に初当選し、初めて平和宣言を読み上げた田上富久市長は、久間前防衛相が原爆投下を「しょうがない」と発言したのを受け、「原爆投下をめぐる誤った認識」が広がっていることへの危機感を表明。非核三原則の法制化などを訴えた。
 (略)
 久間発言に直接言及することは避けたが、「被爆国のわが国においてさえも、原爆投下への誤った認識や核兵器保有の可能性が語られる」現状を憂えた。昨秋、中川昭一・自民党政調会長らが日本の核武装について「議論があっていい」と発言したことへの批判も込めた。
 ↑ここまで

 非核三原則など既に破綻している。夢物語に他ならない。日本だけが非核三原則を法制化して厳密に守ったとしても、周辺諸国が喜ぶだけで、追随する国など存在しない。北朝鮮の核保有による威力を見れば、持ちたいと思う国はあるだろうが。

 日本国憲法の前文には次のようにある。

 「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」。

 時刻の安全保障を「諸国民の公正と信義」に置く。そのような国は他にない。その結果として世界中から虐めを受けている。中国や朝鮮からは「侵略」を謝罪させられ続けている。ありもしない「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」で世界中から攻撃されている。アメリカの圧力で「構造改革」の名の下に、日本社会や文化、経済が破壊されている。

 我々日本人はもっと日本を大切にしないといけない。歴史、伝統、文化を見直せ。先祖伝来の「美しい国」を壊してはいけない。

« 日露戦争物語 第二十二巻 | Main | ひらがなで読むお経 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/16057913

Listed below are links to weblogs that reference 非核三原則の法制化!? まだ寝ぼけてるのか!:

« 日露戦争物語 第二十二巻 | Main | ひらがなで読むお経 »