September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 中国人が李登輝氏にペットボトル投げつける | Main | 李登輝氏の「陰る影響力」とは!朝日の誤魔化し記事 »

June 10, 2007

李登輝氏「靖国問題は中韓が作った」

 読売新聞のページに「『靖国問題は中韓が作った』李登輝氏が特派員協会の会見で」という記事がある。弱腰の日本政府が言えないことを代わりに言っていただいた。ありがたいことだ。更に言うと中韓に焚きつけたのは日本の朝日新聞である。

 中韓の靖国批判に対して氏は「日本の政治は弱かった」「自国のために亡くなった若い人をおまつりするのは当たり前のこと。批判される理由はない」と発言している。正にその通りである。

 また氏は「台湾はすでに独立した自由で民主的な国である」と主張した。前回の訪日では政治的発言を一切許されなかったのだが、今回は認められた。今までが異常で今回が当たり前の状態になったのだが、正常に戻した安倍政権を評価したい。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 李登輝・前台湾総統(84)は日本訪問最終日の9日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、「靖国問題は、国内問題を処理できない中国と韓国によって作り出されたもの」と、日本の指導者層による靖国参拝を非難する中国、韓国を逆に批判した。

 両国の靖国批判に対して「日本の政治は弱かった」との認識を示した。

 李氏は「自国のために亡くなった若い人をおまつりするのは当たり前のこと。批判される理由はない」と述べた。

 また、中台関係については「台湾はすでに独立した自由で民主的な国である」と改めて主張、中国に対し、「民主化を進め、人民に自由を与えなければ、発展できない」と警告した。
 ↑ここまで

 李登輝氏の著書を何冊か挙げる。そこらへんの日本人よりよく日本を理解しているのだから本当に恐れ入る。

 李登輝「『武士道』解題―ノーブレス・オブリージュとは」(小学館)
 李登輝、小林よりのり「李登輝学校の教え」(小学館)
 李登輝「台湾の主張」(PHP研究所)

 あと、李登輝氏が台湾総統時代に作られた歴史教科書を挙げる。それまでの大陸(中華民国)の歴史ではなく、台湾の歴史を書いた教科書である。日本統治時代も「反日」ではなく客観的に記述されている。中国や韓国も見習うべきである。この辺りが民主主義国とそうでない国との違いである。

 国立編訳館編「台湾を知る―台湾国民中学歴史教科書」(雄山閣出版)


人気blogランキングへ→banner_01

« 中国人が李登輝氏にペットボトル投げつける | Main | 李登輝氏の「陰る影響力」とは!朝日の誤魔化し記事 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/15374951

Listed below are links to weblogs that reference 李登輝氏「靖国問題は中韓が作った」:

« 中国人が李登輝氏にペットボトル投げつける | Main | 李登輝氏の「陰る影響力」とは!朝日の誤魔化し記事 »