September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 李登輝氏「靖国問題は中韓が作った」 | Main | 読者を扇動して喫煙者を差別する朝日新聞! »

June 10, 2007

李登輝氏の「陰る影響力」とは!朝日の誤魔化し記事

 朝日新聞のページに「李登輝氏 派手な言動 陰る影響力 中国は抑制的対応」という記事がある。見出しが全てを物語っているが、朝日にとって都合の悪い事実を見ようとしていないようだ。

 李登輝氏の訪日や靖国参拝が日中両政府を巻き込む騒ぎにはならなかったのは、李氏の影響力が低下していることも背景にあるようだというのだ。

 騒ぎになって欲しかったというのが朝日の本音。だが「靖国問題」は既に日本のカードになっている。靖国参拝を問題視すればするほど、反日教育を受けて育った支那人が騒ぐので中国の政情が不安定になり、それが中国共産党の政権を揺るがすことになる。そうでなくてもここ数年は毎日のように暴動が起きているらしい。北京オリンピックが開催できるかも怪しいという(日本はボイコットして欲しいのだが)。企業の中国進出や投資、中国株の購入などもってのほかだ。

 話を戻すと、要は中国は今までのように反日で居られなくなってしまったのだ。このあたりは中国に対して強気で通した小泉政権の唯一の成果であろう(その代わりに、アメリカの属国になることを決めてしまったようで、これはこれでとんでもないことだ)。朝日も中国が騒がないとみると、国内で騒げなくなってしまった。それだけのことである。李登輝氏の「影響力の陰り」が原因ではないのだ。朝日に騙されてはいけない。そもそも靖国問題は朝日がつくったのだ。

 記事から抜粋する。

 ↓ここから
 台湾の李登輝前総統(84)は9日、11日間の訪日を終えた。過去2回の訪日ではできなかった講演や記者会見を実現し、靖国神社にも参拝するなど、これまでにない派手な言動を見せたが、日中両政府を巻き込む騒ぎにはならなかった。日中関係の改善に加え、李氏の影響力が低下していることも背景にあるようだ。

 李氏は9日夜、台湾桃園国際空港に到着し、「大成功だった」と訪日を総括した。李氏の日本滞在中、中国政府は「台湾独立分子とその勢力に政治的な舞台を提供してはならない」などと日本政府を牽制(けんせい)したものの、靖国参拝には反応しなかった。8日の日中首脳会談でも訪日への直接的な批判は避けた。中国の抑制的な対応は、訪日前に「いま中国は日本とけんかしたくない」と述べていた李氏の読み通りだったと言える。

 ただ、別の見方もある。台湾の最大野党・国民党の立法委員(国会議員)は「李氏は過去の人で、もはや中台問題に影響がないことを示した」と話す。李氏は今年2月に台湾独立否定とも取れる発言をし、支持基盤の独立勢力の間でも人気の陰りが指摘された。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 李登輝氏「靖国問題は中韓が作った」 | Main | 読者を扇動して喫煙者を差別する朝日新聞! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/15385827

Listed below are links to weblogs that reference 李登輝氏の「陰る影響力」とは!朝日の誤魔化し記事:

« 李登輝氏「靖国問題は中韓が作った」 | Main | 読者を扇動して喫煙者を差別する朝日新聞! »