September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 脱走特急 | Main | 李登輝氏の靖国参拝に韓国も騒げず 宗主国が大人しくしているのだから »

June 14, 2007

NOVAに業務停止命令

 産経新聞のページに「NOVAに業務停止命令 虚偽説明『会社ぐるみ』と経産省」という記事がある。誇大広告、不実告知、債務の履行拒否などが問題になった。記事から抜粋する。

 ↓ここから
 英会話学校最大手のNOVA(統括本部・大阪市)が誇大な広告で利用者を勧誘したり、受講契約時に虚偽の説明をするなどしたのは特定商取引法違反に当たるとして、経済産業省は14日、同社に対し一部コースの新規契約受け付けについて6カ月間の業務停止を命じた。同省が今年2月に行った立ち入り検査で、統括本部から全国の事務所に違法な契約方法を指示したマニュアルが複数見つかり、会社ぐるみで違反を繰り返していたと判断した。

 同法に基づく外国語会話学校の業務停止は初めて。連携して調査していた東京都も13日、都消費生活条例に基づきNOVAに改善を勧告した。

 業務停止の対象は、1年を超えるコースと授業時間が70時間を超えるコースの新規契約。対象外のコースや子供向け英会話「NOVA KIDS」でもトラブルがあったとして、同省が改善を指示した。契約済みの授業や契約更新などは通常通り行える。

 経産省などによると、判明した違法行為は▽入学金を恒常的に全額免除していたのに「一定期間中に入学すれば免除する」とキャンペーンした(誇大広告)▽時間帯によってはレッスンの予約が取りにくい状況だったのに、勧誘の際「好きなときに入れられる」などと告げていた(不実告知)▽解約の際、契約時より高い単価で受講済み分を計算し返還金を目減りさせた(債務の履行拒否)-など。

 このほかクーリングオフを期間中に申し出た契約者に解約できないとしたほか、入学金無料で契約したのに解約時に一部を徴収したケースもあり、違法認定は約15項目に及んだ。

 NOVAをめぐる利用者の苦情や相談は、国民生活センターによると平成8~18年度の10年間で8431件に上り、今年度も既に505件。解約に際しての過払い金返還訴訟も東京、京都など全国で少なくとも8件起こされ、4月には最高裁がNOVAの精算方法を違法とする判断を示した。
 ↑ここまで

 ところが、同紙のページには「NOVA社長『表現の問題』 辞任考えず 利用者には謝罪」という記事がある。全く悪いとは思っていないのだろう。これだけ社会問題化しているのに。企業の社会的責任を考えるべきだ。記事から抜粋する。

 ↓ここから
 「利用者の皆さまに深くおわびします」。経済産業省から一部業務停止命令を受けた英会話学校NOVAの猿橋望(さはし・のぞむ)社長は13日、記者会見で謝罪。だが虚偽説明と指摘された予約制度については「表現の問題だ」とぶぜんとした表情も見せた。
 (略)
 猿橋社長をめぐっては、自民党の中山泰秀衆院議員(大阪四区)とともに関淳一大阪市長に面会して解約時の精算の正当性を訴えたことも表面化。猿橋社長は「表敬訪問の趣旨だった」と釈明した。

 クーリングオフ拒否、返還金の過少算出…。経産省から受けた指摘を認めるかと問われると「指摘された点は既に改善している」と強調。記者の質問を遮り持論を展開する場面も多く、釈然としない様子は最後まで変わらなかった。
 ↑ここまで

 英会話など大枚をはたいて習う必要があるのか。それよりも習得できるのか。わしは15年ほど前に習いに行こうかと思ったが、半年で30万円以上もかかることがわかり、考え直したことがある。

 日本では、中学校から大学まで10年間も英語を学習しても、実際に会話できるようにはならない。読み、文法や作文が中心だからだ。日本の英語教育はこう批判される。だが、「10年間も」というが、実際に英会話を習得するためには授業時間が大幅に足りないという。英語ばかりを学習する訳にはいかない。したがって、読み書きできれば良しとするというのが実態だ。英語圏の外国に行かなければ会話は不要だ。個人的にはネットで英文が読めたり、メールが書けたり、洋書がよめたりすればよいのではないかと考えている。

 10年間の英語の授業を全て英会話に振り向けても身につかないのであれば、英語学校に通う程度の時間で観に付く訳が無い。そんな金があるのならホームステイでも何でもいいからアメリカにでも行けばよい。そうすれば嫌でも24時間英語を話さざるを得なくなり、多少は会話できるようになるだろう。

 そもそも英米人なら誰に英会話を習っても大丈夫なのか。日本人でも漢字をろくに読めない奴がいるのと同じく、英米人でもろくに英文が読めない・話せない奴もいるはずだ。

 わしが中学3年生のとき、英語の授業にイギリス人が来た。60過ぎの婆さんで、キリスト教の布教のために来日していたらしい。で、英語の授業で教科書を読む。

 何とこの婆さん「tortoise」が読めなかった。「トータス」(亀)を、「トートイス」と読んだのだ。生徒に指摘されると、「イギリスではトートイスと読むところがある」と言う。信じられなかった。

 わしは、こんなのが英会話教室の教師をしていないか、と心配している。

 多くの英会話教室では生徒が4人程度でグループレッスンをしていると思うが、マンツーマンを売りにしている英会話教室ではこんなことを言っていた。

 「4人のグループレッスンなら、レッスン時間の4分の3は生徒の下手な発音を聞くことになる」

 なるほどなあ。

 我々日本人は、英語が話せないことを恥じる必要は全く無い。英米以外の国で、英会話が普及している国は、以前英米の植民地であったケースが多い。日本語は英字26文字どころか、表音文字の平仮名、カタカナと表意文字の漢字を組み合わせる非常に複雑な言語である。おまけにローマ字が加わる。

 英語が話せないことを恥じるのではなく、日本語を世界に広めるのが日本人の努めである。

人気blogランキングへ→banner_01

« 脱走特急 | Main | 李登輝氏の靖国参拝に韓国も騒げず 宗主国が大人しくしているのだから »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/15426064

Listed below are links to weblogs that reference NOVAに業務停止命令:

« 脱走特急 | Main | 李登輝氏の靖国参拝に韓国も騒げず 宗主国が大人しくしているのだから »