September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「ペルー人質事件から10年 | Main | 昭和の日についての朝日社説 »

May 01, 2007

首相が週刊朝日記事に激怒

 朝日、なりふり構わずだ。見苦しいぞ。

 産経新聞のページより抜粋する。

 ↓ここから
首相、週刊朝日記事に激怒「記者は恥ずかしくないのか」

 安倍晋三首相は24日夜、朝日新聞社発行の「週刊朝日」(5月4日・11日号)が、長崎市長銃撃事件の発生に首相秘書のトラブルが関係していたと受け取れる記事を掲載したことについて、「まったくのでっち上げで捏造(ねつぞう)だ。こんな記事を書いた記者は恥ずかしくないのか。私や私の秘書が犯人や暴力団の組織と関係があれば、首相も衆院議員も辞める考えだ」と批判し、朝日新聞社に強く謝罪を求めた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。首相が進退にまで言及し報道に抗議するのは極めて異例だ。

 首相は「週刊朝日の広告を見て愕然(がくぜん)とした。私や私の秘書にも家族や親族がいて、子供もいる。これは言論によるテロではないか。報道ではなく(倒閣を目指す)政治運動ではないか」と述べた。

 記事は「長崎市長射殺事件と安倍首相秘書との『接点』」。警察庁幹部の証言として、首相の元秘書が市長銃撃の実行犯、城尾哲弥容疑者が所属する暴力団に脅かされ警視庁が捜査に入り、長崎県警に一切情報提供をしない中で事件が起きたというもの。
 ↑ここまで

 IZAのページより抜粋する。

 ↓ここから
 山口一臣・週刊朝日編集長の話 一部広告の見出しに安倍首相が射殺犯と関係があるかのような不適切な表現がありました。おわびいたします。
 ↑ここまで

 首相も「心から謝罪していない」「賠償しろ」「反省したのなら行動で示せ」とか言ってやれば面白いのだが。

人気blogランキングへ→banner_01

« 「ペルー人質事件から10年 | Main | 昭和の日についての朝日社説 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/14916884

Listed below are links to weblogs that reference 首相が週刊朝日記事に激怒:

» 所得格差 正社員vsフリーターの生涯賃金差 [興味津々]
こうち読売新聞とってるんだけどさ〜、 昨日の「所得格差」の記事を見てびっくりしちゃった! 最初に「正社員なら2億9000万円、フリーターなら8200万円、 あなたはどっち?」ですって。 すっごい所得格差にびっくり!!! 生涯賃金がこんなに違うんなら、そりゃ〜正社員がいいよね。 会社に勤めるのが40年だとしたら、フリーターの平均年収は 約200万円。 一方、正社員なら725万円。 ... [Read More]

« 「ペルー人質事件から10年 | Main | 昭和の日についての朝日社説 »