September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国 堕落の2000年史 | Main | 琴浦町長ら民団に謝罪 何が日韓友好なのか »

May 20, 2007

送還待ちの韓国人が逃走

 産経新聞のページに「送還待ちの韓国人逃走 岡山空港」という記事がある。この韓国人は査証免除で入国しようとしたとある。だから免除などすべきではなかったのだ。即刻免除を廃止せよ。

 岡山空港には入国拒否者が一時滞在する施設はなく、宿泊の必要がある場合は、航空会社がホテルを確保、逃走されないような注意義務も課せられている。韓国人が乗ってきた航空機は大韓航空。警備員の手配すらしていなかったという。これでは野放し状態だ。

 記事を引用する。

 ↓ここから
 岡山空港(岡山市)で、広島入国管理局に入国拒否された韓国人の女が、送還まで待機させられた空港近くのホテルから逃走したことが15日、わかった。岡山西署で入管難民法違反(不法上陸)の疑いで捜査している。入管難民法では、入国拒否され退去命令が出された場合、乗ってきた航空会社に送還の義務があるとされる。その間の“監視”は航空会社任せになっており、制度の不備も指摘されている。

 広島入管によると、女は10日午後、韓国・仁川空港発の大韓航空機で岡山空港に到着。入国審査で韓国政府発行の23歳の女性の旅券を提示し、短期滞在目的(査証免除)で入国しようとしたが、入国目的などがあいまいだったことから、入管が入国を拒否、退去命令を出した

 女は、翌日の便で送還されるまでの間、空港近くのホテルに滞在。11日、大韓航空の社員が迎えに来たところ、女はすでに逃走していたという。ホテル代金は、女の知人が支払っており、同署はこの知人が逃走を手助けしたとみている。

 同空港には、成田空港や関西空港にあるような、入国拒否者が一時滞在する「上陸防止施設」はない。入管の施設には、人権上の配慮から通常は収容はされないという。宿泊の必要がある場合は航空会社がホテルを確保、逃走されないような注意義務も課せられているが、同社は警備員を手配していなかった

 同社は今回の対応について、女の所持金が数百円だったことをあげ、「交通手段もあまりなく逃走しないと判断した。警備費も回収できる見込みがなかった」などと話している。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 韓国 堕落の2000年史 | Main | 琴浦町長ら民団に謝罪 何が日韓友好なのか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/15131833

Listed below are links to weblogs that reference 送還待ちの韓国人が逃走:

« 韓国 堕落の2000年史 | Main | 琴浦町長ら民団に謝罪 何が日韓友好なのか »