September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 拒否できない日本 | Main | 職場はなぜ壊れるのか »

May 17, 2007

在日2世が日本国籍を取得して参院選に出馬

 民団新聞のページに「金政玉氏の参院出馬エール 同胞・市民で後援会」という記事がある。

 ↓ここから
 7月の参議院選に民主党比例区から出馬をめざしている在日2世、金政玉さん(51)=民主党参議院比例区第34総支部長=を同胞と市民の立場からバックアップしていく後援会が12日、東京・千代田区の在日韓国YMCAホールで結成された。民団からは金さんの地元東京本部はもとより葛飾、大田、杉並、台東、墨田などから支団長クラスの役員多数が駆けつけた
(略)
 金さんは山口県下関市生まれ。車いすから在日外国人の無年金問題解決を訴えてきた。参議院選出馬のため05年に日本国籍を取得した。現在、DPI(障害者インターナショナル)日本会議事務局次長、および民団葛飾支部国際課長。連絡先は℡03・3363・7123きむっちネット。
 ↑ここまで

 一体どこの国の利益を代表しているのか。民団は韓国の発展、南北統一、そして在日韓国人の地位向上のための組織である。外国の利益を代表するための国会議員などあり得ない。

 やはり、帰化(日本国籍取得)のチェックを強化すべきだ。日本に骨を埋め、日本のために働く積りがあるのが最低条件だろう。日の丸に敬意を表し、皇室を敬い、君が代を歌えるかとかチェックするだけでも効果があるのではないか。少なくとも在日の帰化優遇策は即刻止めるべきである。反日日本人をつくるだけである。

人気blogランキングへ→banner_01

« 拒否できない日本 | Main | 職場はなぜ壊れるのか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/15107213

Listed below are links to weblogs that reference 在日2世が日本国籍を取得して参院選に出馬:

« 拒否できない日本 | Main | 職場はなぜ壊れるのか »