September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 韓国のなかの日本 | Main | そして誰もいなくなった »

May 11, 2007

日本海呼称問題、表決されず

 産経新聞のページに「議長提案の不表記案は表決されず 日本海呼称問題」という記事がある。歴史的経緯や事実を見れば、「日本海」を「東海」に書き換える理由は何一つ無い。このような非礼なことを言うのは南北朝鮮だけである。このような提案は無視して当然だ。

 記事には次のようにある。

 ↓ここから
 塩崎恭久官房長官は11日午後の記者会見で、日本と韓国が対立している日本海の呼称問題をめぐり、モナコでの国際水路機関(IHO)総会で、海図の改訂版策定作業について「日本海」の表記を含まない形で当面進める議長提案がいったん出されたが、日本の反対を受けて表決されなかったことを明らかにした。

 韓国は日本海の呼称を「東海(トンヘ)」と主張し、日韓間で呼称に関する同意が成立するまで併記すべきだと主張、北朝鮮も同調している。
 ↑ここまで

 中央日報のページには「青『日本、東海併記提案受け入れるべき』」という記事がある。厚かましいにも程がある。日本政府が呼称変更を受け入れ、「善隣、友邦としての姿勢を見せることをもう一度求める」と言うのだ。

 韓国の言行はどう見ても善隣、友好の姿勢に見えない。日本だけにそのような姿勢を一方的に求めるのは、韓国の言うことに従えと言うのと同じだ。

 韓国は「日本海の単独表記は、かつての日本帝国主義・侵略主義の遺産」というのだが、日本の韓国併合とは一切関係ない。

 記事を引用する。

 ↓ここから
青瓦台(チョンワデ、大統領府)は11日「日本政府が少なくとも『東海(トンへ、日本名・日本海)の併記』という韓国の提案を受け入れる、善隣、友邦としての姿勢を見せることをもう一度求める」と明らかにした。

青瓦台・尹勝容(ユン・スンヨン)スポークスマンはこの日、青瓦台ブリーフィングに掲載した文で、モナコで開かれている国際水路機関(IHO)総会で東海表記問題が取りあげられていることについて「日本海の単独表記は、かつての日本帝国主義・侵略主義の遺産」とし、このように強調した。

尹スポークスマンは「帝国主義のもと韓国の手足を縛っておいた状態で、達成させた『日本海の単独表記』を日本が今後も維持すると主張している」とし「自ら反省するとした、帝国主義・侵略主義の遺産や既得権を今後も維持したい、との主張に受けとめざるを得ない」と指摘した。

また、最近安倍首相が靖国神社に供え物を奉納したことに触れ「『アジア外交の強化』という日本政府のスローガンに疑念が抱かれる」とし「日本侵略主義による被害国にとってどれくらい受け入れがたいものかをよく知っているはずの人物らが供え物を奉納したとの事実から、ある意味では参拝よりさらに刺激的だというマスコミの指摘を思い出す」と批判した。

続いて、日本政府が旧日本軍従軍慰安婦の強制連行を否認していることについても「全世界が旧日本軍従軍慰安婦問題を近代史最大の人権じゅうりん、と見なしている状況。日本政府は歴史的事実を直視し、国際社会の忠告を謙虚に受け入れるべき」と強調した。
 ↑ここまで

 もう阿呆らしくて仕方が無い。世間では「嫌韓」が「呆韓」になっているというが、その通りかもしれない。だが放置するわけにはいけない。本当に面倒だが、韓国の根拠無き言い分をひとつずつ潰していくしかないのだ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 韓国のなかの日本 | Main | そして誰もいなくなった »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/15035125

Listed below are links to weblogs that reference 日本海呼称問題、表決されず:

« 韓国のなかの日本 | Main | そして誰もいなくなった »