September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 留守番電話サービスが使えず | Main | 国民投票法案採決 »

May 01, 2007

日中首脳会談についての社説

 別に温家宝首相が日本に来なくても、いや日中会談などしなくても、日本は特に困ることはない。むしろありがたい位だ。

 ということで余り乗り気ではないのだが、4月12日の社説を比べてみた。すると温度差がかなり違っていた。独裁国家の甘言に喜ぶバカ新聞と冷静に見ようとする新聞とがある。以下に抜粋してみる。

 朝日新聞:「ガス田共同開発、今秋までに具体策 日中首脳会談で合意」

 安倍首相は11日、日本を公式訪問した中国の温家宝(ウェン・チアパオ)首相と、首相官邸で約1時間40分間会談した。懸案の東シナ海ガス田開発問題では、双方が受け入れ可能な「比較的広い海域」で共同開発を行うことで合意。今秋までに具体策を練ることになった。また、温首相は「気候変動は人類の将来に喫緊の課題だ」と述べ、京都議定書に賛意を表明。ポスト京都議定書となる13年以降の実効的な枠組みの構築にも協力する姿勢を示した。

 産経新聞:「日中首脳会談 日中『戦略互恵』まだら模様」

 安倍晋三首相と中国の温家宝首相の日中首脳会談は、両国が鳴り物入りで打ち出した「戦略的互恵関係」をいかに具体化するかが焦点だった。両国は経済や環境・エネルギー分野での関係強化を成果と位置づけるが、東シナ海のガス田開発問題など政治的懸案では溝が埋まらないまま。両国関係は「協力」と「対立」を織り交ぜたまだら模様の様相が続いている。

 合意に至ったのか溝が埋まらないのかどちらが正しいのか。今までの経緯と常識で考えれば分かるが、これほどひどいとはねえ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 留守番電話サービスが使えず | Main | 国民投票法案採決 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/14916652

Listed below are links to weblogs that reference 日中首脳会談についての社説:

« 留守番電話サービスが使えず | Main | 国民投票法案採決 »