September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 米銃乱射事件ネタ、韓国マンガに非難轟々 | Main | 日本の大学で銃乱射すれば英雄! »

April 20, 2007

米銃乱射事件ネタのマンガを広めているのは日本人なのか?

 朝鮮日報のページに「米大学乱射:ソウル新聞の漫評に非難殺到」という記事がある。非難されて当然の漫画だが、それをアメリカで広めているのが日本人であるかのような記述がある。

 ↓ここから
一部では、この漫評が外交問題に飛び火する可能性も取り沙汰されている。反韓インターネットサイトがこの漫評を「Caricuture of Korean」というタイトルで翻訳し、海外のサイトに流しているからだ。英語では「The life of 33 people killed at a time…Our Excellence of firearm technology was shown again」と訳されている。特に日本のサイトでこの漫評と英語の解説が広まっており、ネットユーザーらは不安に思っている。ネットユーザー「onesuc」は「漫評がすでに米国のニュースサイトに広まっており、米国にいる日本人学生らは今、この絵を周囲の人に回すのに忙しい。一方、韓国人学生らは外出もままならない状態だ」と語った。
 ↑ここまで

 本当に日本人が率先して広めているのかどうか。日本人のせいにしようとしているのではないか。ネットに出したら誰でも広める事が可能だ。非常識なマンガを公開する方が問題だ。

 アジア系の学生と言われていた犯人が韓国系であることがわかってから、韓国系の米国人たちは「これからは日系か中国系の振りをしないといけない」というのだ。自分達のことしか考えていない。益々嫌われても当たり前だ。

人気blogランキングへ→banner_01

« 米銃乱射事件ネタ、韓国マンガに非難轟々 | Main | 日本の大学で銃乱射すれば英雄! »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/14781458

Listed below are links to weblogs that reference 米銃乱射事件ネタのマンガを広めているのは日本人なのか?:

« 米銃乱射事件ネタ、韓国マンガに非難轟々 | Main | 日本の大学で銃乱射すれば英雄! »