September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 電子音楽 In The(Lost)World | Main | 中国が日本の抗議に「強い不満」って、立場が逆だろ »

February 06, 2007

中国が尖閣領有を主張!

 産経新聞のページに「中国、尖閣領有を主張 中国船の無断調査で」という記事がある。中国の調査船が日本の排他的経済水域(EEZ)内に無断侵入し、日本の停止命令に従わず海洋調査を繰り返した件で、日本政府が抗議した結果がこれだ。

 このように何の根拠もないのに領有権を主張し、既成事実を積み重ねて領海(領土)を奪い取る。これが中国の周辺諸国に対する手口だ(韓国が竹島に対して行なったのはそれ以上に露骨で、侵略を隠そうともしない)。このような状況で、日本が核武装を検討してなぜいけないのか。そう主張する連中は周辺の特定アジア諸国に与しているとしか思えない。

 安倍首相は中国に気を遣い、靖国参拝について言及しようとしないが、持論を通して堂々と参拝すべきである。幾ら日中の友好関係を取り繕うとしても、実際には中国の軍事増強、侵略姿勢はとどまるところを知らない。温厚にしているうちに核兵器を保有してしまった北朝鮮と同じだ。古くはナチスの例もある。同じ過ちを繰り返してはいけない。

 首相は堂々と靖国に参拝し、言うべき事ははっきりと言う。参議院選挙への影響を考えているのかもしれないが、そんな状況ではない。逆に最近の支持率低下は、このような特定アジア諸国への態度をあやふやにしているのが一因ではないだろうか。

 以後、中国の調査船が無断で侵入してきたら、躊躇なく拿捕・発砲すべきだ。何も出来ないと踏んでいるから、このような大胆な行動を取られてしまうのだ。去年の中国の潜水艦もそうだった。

 現状では、日米同盟を強化して中国に対応するしかあるまい。アメリカは日本を盾として利用しているのだろう。しかし、中国の膨張により直接影響を蒙るのは隣国である日本なのだ。盾になるというより、ならざるを得ない。アメリカを守るのではなく、日本を守るために。

 記事を引用する。

 ↓ここから
中国の海洋調査船が尖閣諸島・魚釣島周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で事前通報なしに調査活動をした問題について、塩崎恭久官房長官は6日午前の記者会見で、中国政府が5日夕に日本側の抗議に対し、尖閣諸島の中国領有権を主張する回答を日本側に伝えたことを明らかにした。

 これに関連し、安倍晋三首相は6日昼、「尖閣諸島は日本固有の領土だという従来の立場にまったく変更はない。日本が納得できる説明を求めたい」と、強い不快感を示した。首相官邸で記者団に答えた。
 ↑ここまで

人気blogランキングへ→banner_01

« 電子音楽 In The(Lost)World | Main | 中国が日本の抗議に「強い不満」って、立場が逆だろ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/13811012

Listed below are links to weblogs that reference 中国が尖閣領有を主張!:

« 電子音楽 In The(Lost)World | Main | 中国が日本の抗議に「強い不満」って、立場が逆だろ »