September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

新・独書リスト

音リスト

« 「日本だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか」ってどういう事? | Main | スペースからの電話 »

January 31, 2007

「女性は子どもを産む機械」ってたとえ話ではないか。辞任要求する方が異様

 朝日新聞のページに、「『女性は子どもを産む機械」発言が波紋 野党が辞任要求』」という記事がある。たかが例え話である。辞任など要求する方が非常識だ。

 「野党各党は28日、子どもを産む機械や装置に女性を例えた柳沢厚生労働相の発言を、一斉に批判した。厚労相の辞任を求める声も出ており、29日から本格化する国会論戦で追及を強めるのは確実だ。一方、柳沢氏は28日、「話をわかりやすくしようとした。適切でなかった」と釈明した」。

 出産を機械に例えただけである。朝日の記事には「柳沢氏は、少子化問題にふれた際、『機械と言ってごめんなさいね』などの言葉を入れつつ、『15~50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭でがんばってもらうしかない』などと発言した」とある。悪意のないことは読めばわかる。

 にもかかわらず、「社民党の福島党首は28日、『絶対に言ってはいけない最低の発言で、辞任を要求する。女性は年金の財源を産むための機械ではない。発言は『国のために子供を産め』と言ったようなものだ』と辞任を求めた。共産党の市田忠義書記局長も『後で取り消したと言うが、最初の発言が本音だ。辞任に値する』とのコメントを出した」という。

 言葉尻を捉えて辞任を要求するなどおかしい。機械の数が決まっているのに生産量を増やすのなら、稼働率をあげればよい。要は、たくさん子供を産んで欲しいと言いたかっただけだろう。

 朝日や毎日が率先して報道したようだが、それが朝鮮に伝わると次のように報道されてしまう。

 「柳沢伯夫厚生労働相が女性を『子供を産む機械』と発言したことに対し、強い非難の声が上がっている、と日本のマスコミ各社が28日一斉に報じた。朝日新聞と毎日新聞はこの日、柳沢厚労相が前日の演説で、『15歳から50歳の女性の数は決まっている。“産む機械、装置”の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない』などと述べ、物議を醸していると伝えた」。(朝鮮日報のページより)

 こうなってしまうと、「機械と言ってごめんなさいね」と言いながら例え話をしたという状況が全く伝わらない。朝鮮側の読解力のなさと反日姿勢とで、どうしても日本が悪者に思われるようになってしまう。

 さて、30日のニュースを見ていたら、辻元清美議員が国会でこの問題を追及していた。こいつは以前、西村慎吾議員(当時)が「(外国に侵略され)強姦されても助けてやらんぞ」という発言に対して大騒ぎしていた。こんなことしか言えんのか。

 また、辻元は、「アダルトショップ」主催イベントで講演し、サイン入りバイブレータを販売したという話がある。一体どちらが国会議員としての資質に欠けるのか、常識のある人が聞いたらすぐわかるだろう。男性をオモチャ扱いしている女が、偉そうな事を言うな。

 また共産党も女性の人権云々と言っているが、実は女性の人権など保護する考えは毛頭ない。「女性の自立」と称して、フリーセックスを奨励し、社会の秩序を壊して、革命を実現しようとしているのだ。騙されてはいけない。

 こんな言い分に同調し、与党を攻撃している民主党。情けないぞ。やはり旧社会党と同じ運命をたどるのだろう。政権など任せられない。種々の問題があるが自民党の方がまだマシである。

人気blogランキングへ→banner_01

« 「日本だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか」ってどういう事? | Main | スペースからの電話 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74706/13724325

Listed below are links to weblogs that reference 「女性は子どもを産む機械」ってたとえ話ではないか。辞任要求する方が異様:

» 大臣の発言について [ムッシュAの独り言]
あの問題発言 [Read More]

« 「日本だけがなぜ特別待遇を受けようとするのか」ってどういう事? | Main | スペースからの電話 »